2016年3月24日 更新

【桜の名所】京都早咲き桜を求めて。格式ある名社「平野神社」

境内にある立派なしだれ桜の木は「魁桜」は呼ばれていて、京都市内でも早咲きとして非常に有名な「平野神社」。

北野天満宮からすぐの平野神社。桜が有名すぎるが、とても歴史があり伊勢神宮や松尾大社などと並ぶ名社と言われている。
平野神社の創建について、『一代要記』では延暦13年(794年)。本殿は4殿2棟からなり、いずれも「平野造」とも称される独特の形式の造りで国の重要文化財に指定されている。
 (24702)

ギャラリーは全然少ないのですが、結構咲いているのでは・・。
 (24703)

春はすぐそこに

2分咲きほどの魁桜。空がまぶしい。
 (24704)

近寄るとこんな感じ。こちらも来週末にかけて楽しめそうな感じですな。。
 (24705)

色々な桜の花が楽しめるスポット。これは桜ではなくて、なんとアーモンドの花なんだそうな。。

山桜はまさに満開

 (24706)

お庭のほうに1本だけ非常に早く花をつける山桜があるので見学に行く。樹高が高くてとても立派な桜なのだ。
 (24707)

予想通り、大満開でした。大満足で帰ろうか~ということに。
 (24708)

平野神社を少し上がったところにあったコインPA前に、沖縄の桜で有名な寒緋桜が満開。目が覚めるようなショッキングピンクの花。

見頃はもう少し先ですが、今でも十分楽しめました。

平野神社の感想

平野神社 概要

名称:平野神社 
住所:京都市北区平野宮本町1
拝観時間:6:00~17:00
電話番号:075-461-4450

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

スイカ小太郎。 スイカ小太郎。