2018年10月11日 更新

【京都ブックカフェ】体感する芳醇なサイレンス*月と六ペンス【高倉二条】

扉を開けた瞬間始まる外界と遮断されたスクエアスペース。とろけるような静謐なひと時。張り詰めず、穏やかに。 感じる芳醇なサイレンス。

芳醇なサイレンス

 (107613)

高倉二条にある無機質な雑居ビルにある、京都 ブックカフェといえば直ぐに名前が上がる安定したら人気を誇るカフェ「月と六ペンス」
 (107616)

しらなかったら全くもって集合住宅の一室。
しかしポストにはきちんとシグナルが。
入り口の立て看板がオープンのサイン。
 (107615)

カウンターのみのコンパクトな店内。
他のお店と決定的な違いはキッチンに向かったカウンターではなく、皆窓ぎわへ向かって席か配されていること。
人がおられないこともあり、お写真はお声をかけて撮影いたしました。
 (107617)

窓を覆うような設けられたブックシェルフには文庫を主にした店主の目利きによってセレクトされた本が陳列。
カウンター前にはオリジナルデザインのブックカバー、便箋も貰えるそうです。
本の間から漏れる光が手元を明るく照らします。
ブレンドコーヒー ¥480

ブレンドコーヒー ¥480

メニューはコーヒー、紅茶。
フードはケーキやトーストetc…。
私はブレンドコーヒーをチョイス。
ハンドドリップで丁寧に抽出。
コーヒーは深いコク、ほどほどにフルーティさも感じられます。
時間がたっても覚めにくい肉厚マグがまた愛おしい。
 (107618)

おひとり様限定や会話厳禁など堅苦しいルールはあらずして、作り出された完全なるパーソナルスペース。

物腰柔らかな男性店主の柔らかな対応も穏やかな居心地のエッセンスの一つ。
現代社会でなかなかはなれられない
ネットとの繋がり。
この場にきていったんリセットしてみると忘れかけていたアナログのシーンが脳裏に蘇る、そんな機会を与えてくれます。

月と六ペンス クチコミでの評判

月と六ペンス 店舗情報

■店舗名    月と六ペンス

■住所     京都市中京区二条通高倉西入ル松屋町62 杉野ビル2F

■電話番号    090-9058-8976
 
■営業時間   12:00~20:00(L.O)

■定休日    日曜・祝日

■禁煙・喫煙  禁煙

■駐車場    なし
12 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

京都カフェ|『幻想と現実』時が止まる癒しのひとり時間*月と六ペンス【御所南】

京都カフェ|『幻想と現実』時が止まる癒しのひとり時間*月と六ペンス【御所南】

ここには最高の無がある。トーストを囓り、ハンドドリップコーヒーで舌鼓。孤独を愛おしく思える一部屋の魔法。
京都のまったりカフェ|革製品×コーヒー★緑豊かな眺望「カワコーヒー」【御所周辺】

京都のまったりカフェ|革製品×コーヒー★緑豊かな眺望「カワコーヒー」【御所周辺】

御所前、丸太町通りに位置する革製品と本格派コーヒーが頂ける喫茶店。2階のお席はすがすがしい緑の景色でいっぱいです。
まさに直球勝負!ストレートど真ん中!こだわり抜いた一杯の珈琲「自家焙煎 王田珈琲専門店 」

まさに直球勝負!ストレートど真ん中!こだわり抜いた一杯の珈琲「自家焙煎 王田珈琲専門店 」

夷川通りもう少し東へ、御幸町との角に位置するお店「自家焙煎 王田珈琲専門店 」です。1500円のコーヒーがある聞きつけお伺いしました。
喧騒から逃れて優雅すぎる珈琲タイム*喫茶葦島(きっさあしじま)【三条河原町】

喧騒から逃れて優雅すぎる珈琲タイム*喫茶葦島(きっさあしじま)【三条河原町】

三条河原町の交差点のビル5階。究極の隠れ家は街中の喧騒からエスケープ、そして紡ぎ出されるリッチネスな珈琲処をご紹介。
穏やかな時間が流れる普段着の京都喫茶*『ウインズ』【堀川四条】

穏やかな時間が流れる普段着の京都喫茶*『ウインズ』【堀川四条】

スポットライトを当てたい、ネットなどでは情報が不足気味なマイナー喫茶店。こちらは大通り脇にひっそりと営まれている街の喫茶店。 充実しすぎる丁寧な仕事ができる光る真心モーニングセット、穏やかに流れる時間は普段着の京都の姿を愛おしく思える瞬間です。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

cafequeen cafequeen