2017年4月4日 更新

河原町三条にある京都の老舗喫茶店「六曜社」でコーヒーとドーナツ☆【グルメ】  

街中でおいしい珈琲を! 京都の喫茶店好きにはおなじみ、「六曜社」さんのご紹介です。三条京阪から鴨川を渡り、河原町交差点を南へ少し下がると、レトロな看板が見えてきます。河原町でお買い物の後は、いつもこちらでほっこり休憩します♪

「六曜社」一階へ 

 (76830)

 (7331)

河原町三条にある昭和25年から続く老舗喫茶店です。一階と地下があるのですが、雰囲気がガラっと変わります。まずは一階。
 (7334)

 (7335)

一階はテーブル席のみ。席によって雰囲気が変わりますヨ。入り口の席は外の光が入ってきて明るいです。清水焼のタイル壁や革のソファーがレトロ感たっぷり。
 (76762)

奥の席は照明が琥珀色なので、まったりできます。地下の雰囲気に近いかな。
 (7339)

メニューはこちら。ブレンドコーヒーと名物ドーナツを注文。 
 (7340)

コーヒーカップが素敵すぎます。がつんとくる味ではなく、すっと飲みやすいブレンド。
 (7341)

食感はザクザク、中はしっとり、素朴な手作りドーナツ。甘味はそんなに強くありません。コーヒーと一緒に楽しむためにあるドーナツです。大好きです( ´ ▽ ` )

「六曜社」地下へ 

 (7343)

 (7344)

地下へと続く階段が雰囲気ばつぐん。
 (7345)

 (7346)

壁には映画のポスターや音楽イベントのフライヤーが。芸術好きの集まる喫茶店です。
 (7347)

 (7348)

地下は12時からオープンになります。こちらはカウンター席がありますヨ。
 (7349)

コーヒーはストレートも選べます。マスターが一杯ずつ淹れてくれるので、カウンターに座ってそれを眺めるのもおススメです♪ この日はすでにバータイムに突入していて、一階から運ばれるブレンドコーヒーをいただくことになるので、地下ではホットレモンとパウンドケーキを注文しました。
 (7351)

こちらのホットレモンはお砂糖が入ってないので、自分でお好みの甘さに調節できます。そのまま飲むととっても酸っぱいですが、甘いバナナのパウンドケーキと一緒に食べると、それはそれで合いました笑
 (7353)

18時からバータイムになるので、またぐっと雰囲気が変わるのが地下のお店の魅力でしょう。ずらりと並んだウイスキーのボトルがいいですね~。まだ時間が早かったので飲んでるお客様には遭遇しませんでしたが、心地よいジャズを聴きながらお酒を楽しんでみるのもいいですね☆

一階は朝からモーニングもいただけますし、地下は昼のカフェと夜のバー、バータイムでもカフェ利用ができるので夜遅くにコーヒー飲めますよ。その時の気分で楽しめる喫茶店です。ぜひ一度まったりしに行ってみてくださいね☆

六曜社へのクチコミ

六曜社 店舗情報

名称
六曜社
住所
京都府京都市中京区河原町三条下ル大黒町36
営業時間
一階 8:30~22:30 二階 12:00~18:00 / [バー]18:00~24:00
定休日
水曜日

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

omikan omikan