2018年3月22日 更新

【隠れ家】板前が握るおまかせ寿司が8貫2000円!四条河原町にある名店「鯛壽司」

四条河原町にある「鯛壽司」、長年この地で愛されてきた寿司の名店。その理由はアットホームな雰囲気とこだわりのお寿司が8貫2000円というお手軽さ。

四条河原町で板前さんが握るお手頃なお寿司を

 (117066)

四条河原町周辺、手軽に美味しい江戸前寿司が頂ける「鯛壽司」。河原町からだと、サーティーワンアイスクリームの通りにあります。なんとも味のある外観で、初見だとちょっとたじろいでしまそう(笑) 
一見さんでも大丈夫ですが、結構混んでいることも多いので電話で確認されることをおすすめします。
 (117068)

知らない入る寿司屋って少し怖い感じますが、ぜんぜん大丈夫!
店頭には料金表もありますし、おまかせのにぎり寿司が2000円、お酒は500円と至って明朗会計。
安心していっぱい食べることができます(笑)
 (117067)

店内は板前さんを囲むようにコの字のカウンター席のみ。
明るい女将と寡黙な大将、アットホームで一体感があります。
 (117069)

ネタケースにはこだわりの魚が並びます。
老舗ならではの間違いない目利きと仕込み。
 (117070)

まずはビールで乾杯。
生ではなく、ビン。サッポロ、アサヒから銘柄は選べます。
 (117071)

おまかせのにぎり寿司がスタート。
8貫で2000円。手際よく、目の前で板前さんが握ってくれます。
まずはタコから。食感もよく美味。
シャリは少し甘味を感じる仕上がり。
 (117072)

ネットリと甘く歯ごたえのいいイカ、プリプリの海老。
ビールもすすみます。
 (117073)

定番のカンパチと鯛。
いずれも鮮度よくて美味。
 (117074)

とろける美味しさのトロ。
お手頃なおまかせですが、しっかりとトロも含まれていました。
 (117075)

〆の軍艦、まずはイクラ。
大粒で口の中で旨味がはじけます。
 (117076)

濃厚なウニ。
これでおまかせ寿司は終了です。
 (117077)

店内にメニューはありませんが、おまかせ以外にもネタはありますので、
女将に聞いてみてください。
この日は、穴子があり、握ってもらいましたが、この穴子が美味しいこと!
フワフワと柔らかく、歯は不要。口の中でとろけます。
 (117078)

光もの好きなら、ぜひ注文してほしい鯖寿司。
浅〆の鯖がまた美味しい。お店こだわりの逸品。
ここではねぎま汁も人気なんですが、それは次回の課題ということで。

気軽に楽しめる、江戸前寿司。家族経営ならではの温かみがあり、居心地の良さがあります。
長年に常連さんに愛されてきた名店です。

鯛壽司 クチコミでの評判

19 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

高島屋でハイクオリティ江戸前寿司をリーズナブルに「すし田 乾山 京都高島屋店」

高島屋でハイクオリティ江戸前寿司をリーズナブルに「すし田 乾山 京都高島屋店」

四条河原町にある京都高島屋7階のダイニングガーデン京回廊。京都をはじめ名店が集まるフロアですが、今回はに東京・日本橋発祥の本格的江戸前寿司が頂ける「すし田 乾山 (けんざん)」をご紹介します。
【四条河原町】創業50年を超える江戸前寿司!繁華街でお手頃価格のカウンター寿司!!「鯛壽司(たいすし) 」

【四条河原町】創業50年を超える江戸前寿司!繁華街でお手頃価格のカウンター寿司!!「鯛壽司(たいすし) 」

たまには回らないお寿司食べたいね(笑)ということで、リサーチ。お手頃価格でしかも美味しいと人気の寿司店。そしていつも人でにぎわう繁華街立地店。
外国人観光客が押し寄せる京都の回転寿司!お得なランチもあり「長次郎 四条木屋町店」

外国人観光客が押し寄せる京都の回転寿司!お得なランチもあり「長次郎 四条木屋町店」

四条木屋町交差点すぐの「長次郎 四条木屋町店」。長次郎と言えば、人気の回転寿司のチェーン店ですが、こちらの店舗はトリップアドバイザー「エクセレンス認証」を4年連続受賞するほど、外国人観光客からも人気です。
「すしざんまい」が京都初出店!5月28日にオープン!

「すしざんまい」が京都初出店!5月28日にオープン!

東京を中心に展開する寿司チェーン「すしざんまい」が京都に初出店。5月28日(月)にオープンします。場所は、河原町通り沿いの商業ビルの1階になり、年中無休24時間営業のパワフル営業です。
京都・木屋町に貴重な深夜寿司店「にぎり五右衛門」がオープン!〆は鮨でキマリ!

京都・木屋町に貴重な深夜寿司店「にぎり五右衛門」がオープン!〆は鮨でキマリ!

木屋町、三条よりの場所に寿司屋さんがオープン!お店の名前は「にぎり五右衛門」、深夜まで営業時間している貴重なお店です。早速行ってきました。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

つきはし つきはし