2018年1月16日 更新

【京都神社めぐり】世界遺産・下鴨神社糺の森のラグビーファン必訪の聖地!「雑太社(さわたしゃ)」

世界遺産・下鴨神社の糺の森。2019年にラグビーワールドカップが日本で開催され、その抽選が京都で行われるにあたり、ラグビーとゆかりの深い京都に昨年春建立された新しい社。

ラグビー関係者の祈願所・雑太社(さわたしゃ)

 (111334)

世界遺産・下鴨神社の糺の森。わりと人通りの少ない流鏑馬神事などの時に使われる馬場。
 (111327)

その中ほどにある、小さなまだ新しい社。こちら、雑太社(さわたしゃ)は昨年春に建立されたもの。
 (111328)

その雑太社の横には「第一蹴の地」と書かれた石碑が。

明治32(1899)年に英国留学から帰った田中銀之助と英語教師のクラークによって日本に紹介されたラグビー(蹴球)。最初は慶応義塾の塾生たちによって蹴球部が作られたが、その後今の京都大学の前身・第三高等学校にも伝わって日本で2番目に蹴球部結成。練習場所となったのがここ糺の森で、京都での「第一蹴」がこの地だったんだとか。
 (111332)

2019年にラグビーワールドカップが日本で開催され、その抽選が京都で行われるにあたり、先年の御遷宮記念事業の一環で再建。抽選に先立って、各国の関係者が「第一蹴の地」と「雑太社」の前に集まって、蹴鞠の奉納・体験を実施。

そんなこともあって、ラグビー関係者の祈願所となっています。
 (111329)

 (111330)

絵馬もそれにちなんでラグビー型。
 (111331)

ちょっと離れていますが、河合神社の授与所にあります。

で、せっかくなんで私もワールドカップで日本が好成績をおさめられるよう、五郎丸ポーズでおなじみのカンチョースタイルで必勝祈願。というか、それやりたかっただけ(笑)
 (111335)

この辺はホントに人がいないので、瀬見の小川にはマガモやサギも警戒心なく泳いでます。世界遺産、下鴨神社内のちょっとした珍スポット。足を運んでみてはいかがですか?

雑太社(さわたしゃ) へのツイート

詳細情報

住所:京都市左京区下鴨泉川町2−21(下鴨神社・糺の森内)

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

三杯目 J Soup Brothers 三杯目 J Soup Brothers