2019年6月4日 更新

理想的なサクっ、ふわっ感!絶品モーニング「志津屋」【河原町三条】

ロングセラーのカルネなどメディアでも度々登場する京都を代表するベーカリー。トーストはもっちり、ふわふわ、そして表面サクサク。カフェで頂く最強のモーニングセット。

満足保証のベーカリーモーニング

 (138289)

河原町三条に位置する京都で最も馴染みのあるパン屋さんといっても過言ではない老舗ベーカリー「志津屋」
チェーン展開されており、中でも人気の高い三条店。

二階建ての広々カフェスペース

 (138293)

モーニングといえども空いてるお店が少ない朝7時。
使えるお店はかなり限定されてきます。
こちらは朝7時からとアーリースターター。二階建ての明るくクリーンな店内。
一見シンプルですが、綺麗なレリーフがはいった壁紙が使われていたりとなかなかに凝った内装です。
セルフならではのラフな居心地もグッド。

2018.6月より全面禁煙に

一階

一階

以前は分煙されていましたが、政府の「健康増進法改正案」の閣議決定や2020年の東京オ リンピック・パラリンピックを前に「受動喫煙対策」が進んでいる という社会情勢を勘案。
お客様の健康に配慮したお店づくりを構築するために、 6月より、志津屋全店で『全面禁煙』を実施 。
モーニングメニュー

モーニングメニュー

セットメニューはトーストのみのライトなものから、がっつりスタミナ系と大きく6種類。
モーニングは販売しているパンももちろんイートイン可能。
その際にはワンドリンク制となっています。

厚切りトースト、ボリューム満点

モーニング全景

モーニング全景

私はモーニングセットをチョイス。
ハムエッグ、トースト、サラダ、ドリンクの内容。
ハムエッグは表面を軽く焼いたハムに半熟玉子がON
サラダはコールスローにトマト、レタスのスタンダードな内容
理想的なトースト

理想的なトースト

こんがり焼き色をつけた厚切りトースト。
表面はさっくり、中はふわっふわ。
適度な水分を含んだ生地は口に入れてもパサつきがまったくなくパクパク食べれます。
 (138285)

モーニングのみならず、ランチやディナーと各時間帯お得なセットメニューも展開中。
テイクアウトのみならず、カフェ使いとしても優秀。
おまけ程度のカフェと侮るなかれの満足保証、マルチユースなベーカリーカフェでした。

クチコミでの評判

基本情報

店名:志津屋 三条店
住所:京都市中京区河原町通り三条上る恵比須町434
電話番号:075-231-0055
営業時間:7:00~22:00
定休日:1月1日

関連する記事 こんな記事も人気です♪

京都を代表する名喫茶☆琥珀色の空間で朝食を「六曜社(ろくようしゃ)」【河原町三条】

京都を代表する名喫茶☆琥珀色の空間で朝食を「六曜社(ろくようしゃ)」【河原町三条】

河原町通りの有名喫茶六曜社。一階の六曜社はムーディーな大人の魅力ある地下店とは違う、爽やかで軽やかな微睡みの朝の顔。本格派コーヒーと、サクフワトーストモーニングは必食です。
【保存版】徹底解剖!京都人ソウルフードの呼び声高い名物パン『カルネ』でおなじみの老舗ベーカリー「志津屋」

【保存版】徹底解剖!京都人ソウルフードの呼び声高い名物パン『カルネ』でおなじみの老舗ベーカリー「志津屋」

おおきに~豆はなどす☆今回は京都の老舗ベーカリーの中でも知名度の高い人気ベーカリー。そして、看板商品『カルネ』は京都人のソウルフードとも呼ばれたり。今回はそんな地元で愛される老舗ベーカリー志津屋を徹底解剖。
【京都モーニングめぐり】京都屈指の老舗ベーカリー自慢!至福の贅沢トースト☆府庁前「進々堂」

【京都モーニングめぐり】京都屈指の老舗ベーカリー自慢!至福の贅沢トースト☆府庁前「進々堂」

おおきに~豆はなどす☆今回は京都を代表する創業100年超えの老舗ベーカリーのモーニング。それも、老舗ベーカリーのこだわりが詰まった至福の贅沢トースト。一味も二味も違う美味しさです。
貫禄たっぷり厚切りトースト*マスサンコーヒーショップ【堀川御池】

貫禄たっぷり厚切りトースト*マスサンコーヒーショップ【堀川御池】

昭和45年創業の老舗ベーカリーカフェ「マスサンコーヒーショップ」。毎朝焼きたての自家製厚切りのトーストモーニングでトーストの美味しさを再発見。
【京都パンめぐり】創業70年余の老舗卸売製パン手がける街のベーカリー!モーニングあり☆「山一パン総本店ムーラン」

【京都パンめぐり】創業70年余の老舗卸売製パン手がける街のベーカリー!モーニングあり☆「山一パン総本店ムーラン」

おおきに~豆はなどす☆今回は伏見区墨染にある老舗卸売製パンが手がける街のベーカリー。イートインスペースもあり、昔からある街のベーカリー。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

cafequeen cafequeen