2016年12月22日 更新

移転した「キムチのミズノ」でコラーゲンたっぷりの大サムゲタン会!

四条大宮に移転し、ますます人気の「キムチのミズノ」でサムゲタン会なり。この時期の鍋は温まりますなぁ。

移転しますます人気のキムチのミズノ

 (64653)

過去、本物を食べたことが無かったので、一度食べたいなあと狙っていた韓国の鍋料理、サムゲタン。

一度覗きに来たキムチ販売店兼韓国料理店「キムチのミズノ」で、ランチの定食でサムゲタンをちょっとだけ食べて、「あ!これは寒くなったら皆を集めて大サムゲタン大会だ!」と思いついたのが2か月ほど前。で、今晩は2階貸し切りなわけで。
 (64654)

1階はカフェ的なテーブル席で全10席?ほどのこじんまり空間。が、2階は座敷席で詰めれば20名OVERな結構大きめの箱なのだ。いや、テーブルから何からアジアンですな、そこはかとなく。

お店自慢の宴会メニュー

 (64655)

まずはキムチなどの冷菜系小皿料理からスタートなのだ。大根キムチのカクテキに、キュウリのキムチ、カボチャのサラダ的なのに、スルメのキムチに茹でブロッコリー、レンコンにもやしなど。
野菜しっかりで、それにあまり辛くしていないので、さくさくと頂ける。
 (64656)

さらにてんこ盛りなナムル5種盛り。これで5人前なり。ごま油やニンニク、だし系調味料などの味付けはごくごく控えめ。サラダ感覚でわしわし頂ける。
 (64657)

さらに水菜系のピリ辛サラダが登場。なんだか野菜たっぷりで血液浄化だねぇと思っていると・・
 (64658)

全然韓国料理ではありませんが~と、自家製のローストビーフが登場。サラダやナムルと一緒にいただくと美味しい。
 (64659)

絶対入れてください!とお願いした、韓国料理でも特にお気に入りな蒸し豚。むっちりとした食感でコチジャンの甘辛いタレがたまりませんなあ。。。塩でも旨し!
 (64660)

飲み放題をお願いしたら、生ビールサーバーがででんと部屋の隅に置かれ、あとはマッコリに赤白ワイン、焼酎(いいちこ一升ですが、誰も飲まなかったかも)、ソフトドリンク系というような布陣。マッコリのビール割りが人気だった模様。
 (64661)

鍋の前に炭水化物3連発なのだ。まずはチャプチェ。甘醤油系のおかあさんの味ですな。
 (64662)

さらにキムチ屋のキムチチャーハンなり。しかし仕上げではないのですな。確かにキムチ味濃厚~でアテ的に頂けます。非常にGOOD!
 (64663)

これまた鉄板!なイカチヂミ。ザクッ系ではなくむっちりソフト系ですな。甘酸っぱいタレが食欲を誘いますなあ。。。んで、結構お腹一杯なのですが、いよいよ、待ちに待ったメインディッシュ!なのだ。

メインはやっぱりお鍋

 (64664)

土鍋の蓋を開けると湯気もうもうの中、地獄の釜のようにぐっつぐつ煮えたぎったサムゲタンが登場!
ちなみにこれをアラカルトで注文すると、4人前¥7980なり。鶏が丸々1羽煮込まれてコラーゲンの塊状態なのだ。
 (64665)

トークも軽快で、なんだか筋肉隆々なご主人自らハサミでチョキチョキと最後の仕上げ。鶏は繊維までほろほろのとろんとろんに炊けている。味付けも素材の味で最低限。取り分けてから塩コショウやゴマ、ネギぱっぱで味を調えていただく。口の周りがこべこべになるほどコラーゲン満載! が、とても優しい味で、これはいくらでも食えますなぁ。。鳥白湯スープのラーメンは間違いなく、サムゲタンが始祖、なのを再認識。

あ、ちなみにこのお店でサムゲタンを頂くときは「いただきマッスル!」と声掛けをお願いいたします(滝汗)。
 (64666)

サムゲタン鍋は2つにしたのですが、1つだけ海鮮チゲをお願いしたのだ。韓国料理というと辛い!というイメージがありますが、今日、唯一しっかりと辛いメニューだったのがこれ。(キムチも旨み優先系で辛さはほどほどでした) これは特に牡蠣のうまみ満載で、超!旨かったです。当然、仕上げはご飯投入で雑炊!なわけで、いやはや、最後まで大満足でした。本当に温まりますな~!。

キムチのミズノ クチコミ情報

キムチのミズノ 店舗情報

店名:キムチのミズノ
住所:京都市中京区壬生花井町23−5
営業時間:11:30~22:30 ※ランチは14時まで  
定休日:火曜日
TEL:075-822-6327  
HP: http://www.kimchiya.com/
23 件

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

スイカ小太郎。 スイカ小太郎。

オススメの記事

今注目の記事