2017年11月11日 更新

金魚が織りなす絢爛豪華な水槽アート!二条城で開催「アートアクアリウム城 ~京都・金魚の舞~」

累計入場者数は800万人超!アートアクアリウム城が京都・二条城で開催中です!絢爛豪華な金魚が織りなす水槽アートに心奪われること間違いなし、連日大盛況のイベントです。その様子をレポートします。

世界遺産 二条城で開催!

 (102374)

二条城で「アートアクアリウム城 ~京都・金魚の舞~」が2年ぶりに開催中です!会期は10月25日(水)-12月11日(月)、連日大盛況の一大イベント、ぜひタイミングをみつけて行ってください。
累計入場者数は800万人超!絢爛豪華な金魚が織りなす水槽アートに心奪われること間違いありません。
 (102347)

開催時間は、17:00-22:00(最終入場 21:30)となっており、チケットは現地でも購入することができますが、並んでいることもありますので、セブンイレブンなどで事前購入されるのオススメします。

幻想的な世界が広がります

 (102345)

会場に一度、足を踏み入れるとそこには妖艶な金魚が織りな水槽アートが目の前に広がります。
写真を中心に会場の様子を紹介します。ライティングが変化していくのですが、その時々によって、水槽の表情がかわります。とてもフォトジェニックな空間でシャッターを押す指がとまりません!

写真撮影は可能ですが、三脚・一脚の使用、動画撮影は禁止なのでご注意ください。
 (102346)

【ボンボリウム】
水槽を照明に見立てています。ふんわりと照らしだされる金魚が美しさを表現しています。
 (102362)

【九谷金魚品評】
伝統工芸品の九谷焼で制作された贅沢な金魚鉢です。
 (102363)

九谷焼の水槽で金魚が泳ぎます。
 (102364)

【キリコリウム】
江戸時代から伝わる伝統工芸、江戸切子を用いた作品です。
 (102365)

どの角度からみても金魚が美しく見えます。
 (102366)

【新江戸金魚飾】
江戸時代に楽しまれた横から眺める木枠の水槽をモチーフにして作品です。
 (102367)

横から楽しむ水槽は少し新鮮です。
 (102360)

花魁を中心に、奥からプリズリウムF18、リフレクトウムF5、パラドックスリウム、花魁、ギアマリウム、リフレクトリウムF8、プリズリウムF12。
 (102361)

【パラドックスリウム、花魁、ギアマリウム】
 (102348)

【プリズリウムF18】
多面体の巨大な水槽、ダイヤモンドのように輝きます。
37 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

ライトアップされた「世界遺産 二条城」は幽玄な美しさ!【京の七夕2017】

ライトアップされた「世界遺産 二条城」は幽玄な美しさ!【京の七夕2017】

もはや京都の夏の風物詩、京の七夕。今回は重要文化財も多くの残る二条城会場をご紹介します。
京都観光は早起きに限る!空いてる時間帯に世界遺産を悠々自適に観光☆「二条城 夏の早朝開城」

京都観光は早起きに限る!空いてる時間帯に世界遺産を悠々自適に観光☆「二条城 夏の早朝開城」

京都の人気観光スポット「元離宮二条城」。7/1〜8/31の間、朝7時より「夏の早朝開城」で絶賛開催中。同時開催中の庭園「清流園」内「香雲亭」のゆば料理の朝食を頂きながら朝の二条城を観光してきました。
【京都二条城】世界遺産で食べる極上の朝食!絶好のロケーション!!初試みの特別企画☆「京料理いそべ」

【京都二条城】世界遺産で食べる極上の朝食!絶好のロケーション!!初試みの特別企画☆「京料理いそべ」

大政奉還150周年、築城400年など、今年盛り上がりを見せる二条城。それを記念したイベントが今年は目白押し。その中の目玉企画。夏の早朝開城と、普段は非公開の香雲亭にて提供される朝食。頂いてきました!
春の風物詩!二条城ライトアップ「二条城桜まつり2017」プロジェクションマッピングも!

春の風物詩!二条城ライトアップ「二条城桜まつり2017」プロジェクションマッピングも!

世界遺産・二条城にて桜とライトアップ、プロジェクションマッピングが楽しめる「二条城桜まつり2017」が開催されています。会期は3月24日~4月16日になっています。
行ってきました「PHOTO FOREST 2017」夢のような空間での素敵すぎる写真展【上京OPENWEEK】

行ってきました「PHOTO FOREST 2017」夢のような空間での素敵すぎる写真展【上京OPENWEEK】

11/3,4の2日間、地下鉄今出川駅近くの「バザールカフェ」で行われた写真展示イベント「PHOTO FOREST 2017」。先日紹介した「上京OPENWEEK 2017」のひとつとしても開催されたのですが、とっても素敵だったのでご紹介します!

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

Kyotopiカメラ部 Kyotopiカメラ部