2016年9月23日 更新

創業昭和28年の老舗中華料理店!大阪生まれ焼餃子の元祖☆セットがお得です!「珉珉 三条大橋店」

三条大橋わたってすぐの「珉珉 三条大橋店」。創業からは50年以上の老舗大衆中華料理店です。

三条のランドマーク的中華料理店

 (55938)

三条大橋を渡ってすぐ、三条エリアのランドマーク的なお店「珉珉 三条大橋店」です。創業は昭和28年大阪生まれの大衆中華料理店です。

お店の前はすぐ鴨川です。最高のロケーションです。
 (55939)

もう見慣れた、THE中華料理店といった雰囲気のある外観。

関西エリアを中心にのれん分けも含めると50店舗以上展開されている、愛され中華料理店。

京都には王将があるので、「元祖餃子舗」と書かれると大きくでたな感がありますね(笑) 王将の創業は昭和48年、珉珉はその20年前、昭和28年なので、確かに元祖かもしれません。
 (55940)

店内は飾らず大衆向けの雰囲気で落ち着きます!ご飯時は満席のことも多いのですが、おやつの時間帯はゆっくりと食事できます。通し営業最高です(笑)
 (55942)

メニューはこちら。焼餃子だけじゃなく、水餃子やスープ餃子もあります。小皿や前菜も豊富です。
 (55943)

メインの一品菜はこちら。価格帯は600~750円とお手軽な価格設定なので、みんなでワイワイと色んなメニューをつまむのが楽しいですね。
 (55944)

もちろん揚げ物やご飯物、麺類と種類も豊富です!

生ビールセットがお得!

 (55941)

今日はおやつがてら、900円の生ビールセットを。生ビールと名物の餃子、今月の一品もついたお得なセットです。普通に頼んだら1000円超えちゃう内容です。
 (55945)

まずはビールで生乾杯です。カウンター席からキッチンが丸見えなので、中華の迫力あるライブ感が楽しめます!
 (55947)

名物の餃子ですー!焼き目はパリっとしていますが、皮自体はとろけるように柔らかいのが特徴です。ジューシーな餡は豚や羊、ニンニクなど18種類の具材が詰められています。

餃子と生ビール、至福のときですね(笑)
 (55948)

パリっと揚げられた手羽先は、しっかり下味がついているのでこのままがぶつきます。身はふっくらとジューシーで食べ応えあり!

となりの胡瓜ともやしの付け合わせもピリ辛で美味しく、これまたビールが進む感じで、ついついおかわりしてしまいました(笑)

立地もよく通し営業で使い勝手もいいので、〆餃子やおやつ餃子もオススメです。ぜひ!

珉珉(みんみん)クチコミ情報

空心菜炒めでスタート。 木曜日はニッカハイボール150円の日です笑

le16juinさん(@le16juin)が投稿した写真 -

珉珉(みんみん)店舗情報

17 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

地下アジトで復刻コロナのタマゴサンド★喫茶ガボール【三条京阪】

地下アジトで復刻コロナのタマゴサンド★喫茶ガボール【三条京阪】

三条大橋に程近いサブカルアプローチの下に配された地下喫茶店。一捻りしたカフェメニューに、作り込まれた空間演出とオンリーワンの魅力に溢れています。
京都木屋町の名物ラーメン店!GACKT御用達の本格博多長浜の味☆「博多長浜ラーメンみよし」

京都木屋町の名物ラーメン店!GACKT御用達の本格博多長浜の味☆「博多長浜ラーメンみよし」

三条木屋町通り下がる名物ラーメン店。ミュージシャンGACKTがこのなく愛するラーメンとしても有名。今回は呑んだ帰りの〆に立ち寄りました。
”パン好きさん必見”スタイリッシュコーヒースタンド&天然酵母パン*京都ロータス【木屋町三条】

”パン好きさん必見”スタイリッシュコーヒースタンド&天然酵母パン*京都ロータス【木屋町三条】

アパレルブランド「BLUE BLUE KYOTO」二階にある隠れ家的カフェ。リバーサイドロケーション、極めてスタイリッシュな店内で頂くコーヒー。東京のロータスバゲットより届く天然酵母パフェが京都で手に入るのはこちらのみ。 コーヒー、パン好きさんは要チェックのスタイリッシュカフェ。
本場より美味しい!GACKTも愛する豚骨ラーメン♬ 三条木屋町の超有名店「博多長浜ラーメンみよし」

本場より美味しい!GACKTも愛する豚骨ラーメン♬ 三条木屋町の超有名店「博多長浜ラーメンみよし」

三条木屋町の「博多長浜ラーメンみよし」で豚骨ラーメンを食べてきました!普段を炭水化物を取らないGACKTさんもここだけは別らしいです。
噂が噂を呼ぶ一際オシャレなラーメン店!三条木屋町のビル地下「名前のないラーメン屋 」

噂が噂を呼ぶ一際オシャレなラーメン店!三条木屋町のビル地下「名前のないラーメン屋 」

三条木屋町の何かと噂の「名前のないラーメン屋 」に行ってきました!

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

つきはし つきはし