2018年3月17日 更新

京都木屋町の名物ラーメン店!GACKT御用達の本格博多長浜の味☆「博多長浜ラーメンみよし」

三条木屋町通り下がる名物ラーメン店。ミュージシャンGACKTがこのなく愛するラーメンとしても有名。今回は呑んだ帰りの〆に立ち寄りました。

ついつい呑んだ後に食べたくなる魅惑の豚骨ラーメン

 (118425)

呑んだ後の帰り道。この赤ちょうちんに誘われて、素通りすることできず(汗)
三条木屋町下る、この界隈では名物のラーメン店。
 (118424)

博多長浜ラーメン。店の外にも豚骨スープの香りがいつも漂う。
もしかしたら、本場博多で食べるより前にここで洗礼を受けた、という京都人も多いかもしれません。京都ではここまで本格的なヤツはないですかねぇ。
 (118426)

今まで厨房があるカウンター席しか行ったことがなかったんですが、この日はいっぱいみたいで北隣にある一室へ。
 (118427)

こんな別室あるって知りませんでした。向い合せの大きなテーブル席があり、見知らぬ客同士相席。

中央にはトッピング材。これもここの名物です。紅ショウガ、天かす、胡麻など。調味料類もあり、あれこれ自分好みに調合できるところもこちらの特徴。
 (118428)

ほどなくして登場のラーメン700円。
あぁ~久々だわ~とちょっとうれしくなりつつ。豚骨の白いスープ。青ネギとチャーシュー、メンマ。
 (118429)

まずは麺。この細麺ですよね、博多系の。
このストレート細麺が呑んだ後にはちょうどスルスルと喉ごしいい食べやすさ。
 (118430)

スープ。コクのある豚骨スープ。でもくどいということでもなくて。シンプルながらクセになる美味しさ。
 (118431)

そして、途中からトッピングいろいろ。紅ショウガ、胡麻、天かすなど。紅ショウガの酸味で多少さっぱりとしたような、でも天かす、胡麻でコクもプラスされたような。味のアクセントが増え、さらに美味しさも倍増。
 (118432)

チャーシューもシンプルに塩豚系ですかね。醤油感より。
 (118433)

スープ、太るとわかりつつも飲み干しちゃいます。完食完汁ゴチ!
 (118434)

ラーメン鉢の底には『よろしゅうおあがり』の文字。博多長浜ラーメンながら、ここは京都風ということか(笑)

意外とサッパリと食べられて、逆に最近の豚骨系ラーメンのお店に比べればかなり食べやすいというか。普通の食事としてももちろんいいんですが、呑んだ後に夜な夜な食べたくなる味。朝11時から翌朝6時までの超ロング通し営業店。早朝ラーメンも可能ですね。スゴイ!

ヨ~イヤサ~♪

博多長浜ラーメンみよし への口コミ

詳細情報

17 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

本場より美味しい!GACKTも愛する豚骨ラーメン♬ 三条木屋町の超有名店「博多長浜ラーメンみよし」

本場より美味しい!GACKTも愛する豚骨ラーメン♬ 三条木屋町の超有名店「博多長浜ラーメンみよし」

三条木屋町の「博多長浜ラーメンみよし」で豚骨ラーメンを食べてきました!普段を炭水化物を取らないGACKTさんもここだけは別らしいです。
【京都酒場めぐり】創業60年の老舗ビアレストラン!名物料理・若鶏の唐揚げは必食☆「ミュンヘン」

【京都酒場めぐり】創業60年の老舗ビアレストラン!名物料理・若鶏の唐揚げは必食☆「ミュンヘン」

おそらく京都で一番古いビアレストラン。ビールもフードも品揃えバツグン!昼も夜もいろんなシーンに対応する人気店。
京都 木屋町|超人気ホルモン千葉の系列店「Teppan JB」美味しいホルモン焼きと笑顔の店長

京都 木屋町|超人気ホルモン千葉の系列店「Teppan JB」美味しいホルモン焼きと笑顔の店長

木屋町エリアでホルモンと言えば千葉が有名ですが、その系列店「Teppan JB」。美味しいホルモン焼きはもちろんのこと、店長がまた素敵なんです。
京都・木屋町に貴重な深夜寿司店「にぎり五右衛門」がオープン!〆は鮨でキマリ!

京都・木屋町に貴重な深夜寿司店「にぎり五右衛門」がオープン!〆は鮨でキマリ!

木屋町、三条よりの場所に寿司屋さんがオープン!お店の名前は「にぎり五右衛門」、深夜まで営業時間している貴重なお店です。早速行ってきました。
”パン好きさん必見”スタイリッシュコーヒースタンド&天然酵母パン*京都ロータス【木屋町三条】

”パン好きさん必見”スタイリッシュコーヒースタンド&天然酵母パン*京都ロータス【木屋町三条】

アパレルブランド「BLUE BLUE KYOTO」二階にある隠れ家的カフェ。リバーサイドロケーション、極めてスタイリッシュな店内で頂くコーヒー。東京のロータスバゲットより届く天然酵母パフェが京都で手に入るのはこちらのみ。 コーヒー、パン好きさんは要チェックのスタイリッシュカフェ。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

豆はな 豆はな