2018年7月9日 更新

【京都ぶらり散策】京都と日本全国を結ぶ街道の出入口!今も名残りを見せる☆「京の七口」

古い京の街並みの手がかりとして、今もその片鱗を見せる『京の七口』。日本全国と京都をつなぐ街道の出入口となった七つの場所。現代と昔をつなぐ場所でもあり、時空を超えた面白さを感じる場所。ぶらり散策してみました。

『京の七口』とは?

壮大な都市計画の下、日本全国から京へと続く街道のほとんどが平安京の時代に整備されました。その後、豊臣秀吉によって外敵から京都を守るために設けられた大きな塀ともいえる『御土居』。
関連記事→https://kyotopi.jp/articles/MIN7Z

そこから洛中洛外という概念が生まれ関所設置。全国と京都を結ぶ全ての流通の拠点となり、庶民が行き交う道でもあった街道の出入口となった場所。その場所に今も地名として残る『口』。

そんな『口』を求めて、市内の史跡をぶらり散策。

鞍馬口

 (128353)

 (128354)

 (128355)

若狭から広河原・花背を経て鞍馬に至る鞍馬街道の出入口。物流の要でもあり、参道でもあり、通行人からかつては関を設け、関銭を徴収していた場所。

大原口

 (128356)

 (128358)

 (128359)

上京区今出川通寺町付近。山中越から比叡山や近江国・若狭国へ通じる起点。若狭街道の出入口にあたり交通の要所でもあった場所。今でも町名として残る地域も。

荒神口

 (128360)

 (128361)

 (128362)

鴨川の西岸、琵琶湖と京をつなぐ山中越の出入口。かつては吉田口・今道口。志賀道口とも呼ばれ、1600年(慶長5)に三宝荒神をまつる清荒神(護浄院)が高辻堀川から移転。そのお寺由来の名前が地名として残る。

本文と関係ないのですが、鴨川を走る集団がいました。これがホントの鴨川マラソン(笑)

粟田口(三条口)

35 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

【京都和菓子めぐり】NHKブラタモリでタモリも食べた!素朴な味わいの京銘菓・御土居餅☆「都本舗光悦堂」

【京都和菓子めぐり】NHKブラタモリでタモリも食べた!素朴な味わいの京銘菓・御土居餅☆「都本舗光悦堂」

たまたま鷹峯界隈を散策中、こちらを通りかかって。NHK番組ブラタモリでも紹介された、史跡・御土居前にあり昭和42(1967)年創業の和菓子屋さん。名物の御土居餅を食べてみました。
【京都ぶらり散策】かつて日本一大きな大仏が京都にあった!豊臣秀吉の夢の跡☆「大仏殿跡緑地公園」【京都国立博物館スグ】

【京都ぶらり散策】かつて日本一大きな大仏が京都にあった!豊臣秀吉の夢の跡☆「大仏殿跡緑地公園」【京都国立博物館スグ】

現在、国宝展で沸く京都国立博物館すぐの場所。かつて京都に日本一大きな大仏があったことがうかがえる史跡が満載スポット。そんな東山七条界隈をぶらり散策。
【京都古墳めぐり】古代ロマン!京都府最大級!!総計150基もある古墳群をぶらり☆「久津川古墳群」

【京都古墳めぐり】古代ロマン!京都府最大級!!総計150基もある古墳群をぶらり☆「久津川古墳群」

京都府城陽市にある古墳群。一部が国の史跡にも指定され、京都府内では最大級の古墳群。大小さまざま数えると約150基もの古墳を有する。
【京都遺構めぐり】NHKブラタモリでも注目!豊臣秀吉が築いた京都を取り囲む巨大土塁☆史跡「御土居」

【京都遺構めぐり】NHKブラタモリでも注目!豊臣秀吉が築いた京都を取り囲む巨大土塁☆史跡「御土居」

古い京の町の様子を垣間見れる場所。NHKブラタモリでも反響を呼んだ史跡。その後、あまりの反響にスピンオフ的に本も出版。そんな史跡めぐりをしてきました。
【京都珍名スポット】珍しい町名にも残る!大学敷地内にある牛若丸伝説の石!!「義経の腰掛石」【山科】

【京都珍名スポット】珍しい町名にも残る!大学敷地内にある牛若丸伝説の石!!「義経の腰掛石」【山科】

京都薬科大学内のグランド敷地内にある、源義経(牛若丸)にまつわる伝説の石。その伝説からこのあたりの町名にもその名が残る珍スポット。調査に行ってきました。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

三杯目 J Soup Brothers 三杯目 J Soup Brothers