2016年3月19日 更新

【世界遺産】雪積もる風景が凛としてよし。【冬の天龍寺】

嵐山に位置し、紅葉が燃える季節・秋の天龍寺を以前はご紹介しましたが、冬の天龍寺もとても素敵です! 足利尊氏が創建し、広大な敷地を誇るお寺です。四季折々の表情を追いかけてみましょう。

雪も似合う冬の天龍寺

春秋は参拝者でごった返す天龍寺。観光シーズンはじっくり広々とした美しい庭園を拝見する事はできないので、冬ならではの風景を堪能できます。
冬の京都を静かに散策するのに、穴場かも知れませんね。
 (21892)

天龍寺の見どころの一つ、曹源池庭園(そうげんちていえん)。
この池を中心として、池泉回遊式庭園となっています。どの角度から見ても、素晴らしいですねぇ。
 (21897)

 (21894)

情熱的な紅葉もいいですが、シンとした雪景色もまた格別です。池の奥に見える大方丈は、天龍寺最大の建物です。
 (21895)

大方丈の中から見る景色も、雪があればこの通り。窓枠が本当に絵画を飾っているかのような役割を担っていますね (*´∀`*)
 (21900)

3月上旬は梅が見頃

3月は暦の上では春ですがまだまだ寒い日が続いていますね。
写真では雪がかぶってますが、多宝殿の左右には紅白の梅が植えられており、3月上旬には見頃をえます。
 (21904)

冬には冬の良さを感じられますよ。残り少ない寒いシーズンの天龍寺にも、ぜひ訪れてみてくださいね(*^_^*)

天龍寺の感想

天龍寺 基本情報

名称
天龍寺
住所
京都市右京区嵯峨天龍寺芒ノ馬場町68
電話番号
075-881-1235
参拝時間
8:30~17:30(17:30閉門)※10月21日~3月20日までは17時閉門
拝観料
※全て 法堂『雲龍図』拝観料500円別途
庭園(曹源池・百花苑) 高校生以上:500円 小・中学生:300円 未就学児 :無料
諸堂参拝(大方丈・書院・多宝殿) 上記料金に100円追加 ※行事等により諸堂参拝休止日あり

法堂「雲龍図」特別公開 500円(上記通常参拝料とは別) ※土日祝日のみ[春秋は毎日公開期間あり]  9時~17時(10月21日~3月20日は16時 閉門)
関連URL
http://www.tenryuji.com/

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

アリー アリー