2019年3月3日 更新

絶対行くべき!京都老舗喫茶店でゆったりとモーニング「スマート珈琲店」【寺町三条】

おおきに~豆はなどす☆今回は創業は昭和7年の老舗コーヒー店。京都といえば、イノダコーヒが有名ですが、それよりも古いお店。今回はモーニングで行ってきました!

重厚な歴史ある雰囲気の中に、モダンさがキラリ☆

 (22031)

 (22040)

この「Coffee Smart」のフォントがいいですね。ここのお皿やコーヒー缶のデザインのかわいさにいつもキュン!てします(笑)今回はモーニングで。

モーニングセット的メニューはありません

 (22035)

 (22036)

 (22037)

メニューも懐かしい雰囲気。こちらはとくにモーニングセットみたいなのはありません。なので、サンドイッチとコーヒーをチョイス。
 (22038)

お客の中には朝からホットケーキやフレンチトースト派もけっこういます。見るからに美味しそうですけどね(笑)
 (22039)

そして、ケーキたちも。どこか懐かしい雰囲気。

玉子焼き系のタマゴサンドウィッチ!

 (22032)

関西の喫茶店のタマゴサンドは玉子焼き系が多いですが、こちらも例にもれず。厚くはないですね。中くらい(笑)シンプルで素朴です。とても朝からほっこりとやさしい味。

ヤサイサンドウィッチには懐かしい缶詰アスパラガス♪

 (22033)

そして、ヤサイサンドウィッチ。最近あまり見かけなくなった缶詰のアスパラガスが入っています!ちょっとうれしくなります(笑)あと、トマトとキュウリ、マヨネーズとマスタードがいい具合!
 (22034)

もちろん、老舗の自家焙煎コーヒーもいただきます!こちらのロゴ入りカップがまたいい!!

ビジュアルにキュン!見るからに手づくりな自家製プリン

 (22041)

もう、間違いないビジュアル。美味しいにきまってる!の画(笑)このガラスの器の感じは皆大好きでしょう!んまい!!

ちょっと懐かしい雰囲気の中ゆったりした朝食。休日のリフレッシュはこんな老舗喫茶店から始めるのがいいですね~♪

ヨ~イヤサ~♪

スマート珈琲店への口コミ

スマート珈琲店 基本情報

■店舗名
スマート珈琲店
■住所
京都府京都市中京区天性寺前町537
■電話番号
075-231-6547
■営業時間
8:00~19:00
11:00~14:30※ランチタイム
■定休日
無休(ランチのみ火曜日定休)
■禁煙・喫煙
全面喫煙可
■駐車場

■詳細ページ
http://www.smartcoffee.jp/

関連する記事 こんな記事も人気です♪

三条木屋町 元味忠実のコロナの玉子サンド!隠れ家的素敵アングラカフェ「喫茶ガボール」【喫茶店】

三条木屋町 元味忠実のコロナの玉子サンド!隠れ家的素敵アングラカフェ「喫茶ガボール」【喫茶店】

おおきに~豆はなどす☆前々から行きたかった喫茶店。以前、あの今はなき名店コロナの玉子サンドが食べられる店として紹介した喫茶マドラグですが、
【京都カフェめぐり】大人気!驚愕の分厚さ!!今はなき洋食店コロナ直伝のタマゴサンド必食「喫茶マドラグ」

【京都カフェめぐり】大人気!驚愕の分厚さ!!今はなき洋食店コロナ直伝のタマゴサンド必食「喫茶マドラグ」

おおきに~豆はなどす☆二条城エリアにある有名すぎるカフェ。惜しまれつつ閉店した老舗洋食店「コロナ」。その有名すぎる名物メニューの玉子サンドを直伝で継承したお店でいつも超人気。この日はランチには遅い時間帯にたまたま空席あり、入店。
【京都寺町】森見登美彦氏の小説にも登場!「スマート珈琲店」のふわふわサンドウィッチ

【京都寺町】森見登美彦氏の小説にも登場!「スマート珈琲店」のふわふわサンドウィッチ

”ぶ厚くてほくほくした玉子焼きがはさまったサンドウィッチ”として森見登美彦氏の小説に登場する、スマート珈琲店の京都風タマゴサンド。これを食べれば、充実した土曜日がおくれるかも?
【京都パンめぐり】イートインならソウルフード・カルネや厚焼き玉子サンドもリッチ!愛されて70年☆「志津屋」

【京都パンめぐり】イートインならソウルフード・カルネや厚焼き玉子サンドもリッチ!愛されて70年☆「志津屋」

おおきに~豆はなどす☆言わずと知れた老舗パン屋。全国版のテレビ、雑誌にも頻繁に登場し、看板商品「カルネ」は名物。今回はイートイン利用でさらにリッチなカルネや玉子サンドを発見。行ってきました。
地下アジトで復刻コロナのタマゴサンド★喫茶ガボール【三条京阪】

地下アジトで復刻コロナのタマゴサンド★喫茶ガボール【三条京阪】

三条大橋に程近いサブカルアプローチの下に配された地下喫茶店。一捻りしたカフェメニューに、作り込まれた空間演出とオンリーワンの魅力に溢れています。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

豆はな 豆はな