2022年4月25日 更新

【京都純喫茶】昭和レトロハンター必訪の人気店☆ヨーロピアン調の非日常空間「フルール」

おおきに~豆はなどす☆今回は京都府長岡京市、阪急長岡天神駅前にある老舗の純喫茶。ヨーロピアン調の昭和レトロ感はマニアにも人気。

昭和レトロな潤い空間

 (222467)

 (222468)

京都府長岡京市、阪急長岡天神駅前にあるランドマーク的老舗『純喫茶フルール』があります。この日は観光を終え、ちょっと休憩がてら冷たいものでもいただこうとやってきました。

創業50年以上の老舗オーラが店構えから漂い、私と同じように撮影する昭和レトロハンターもいるほどの有名喫茶店。
 (222470)

 (222469)

店のエントランスの看板や食品サンプルなどからも、その様子がうかがえます。
 (222471)

店内はまだランチタイム中の客も多くほぼ満席の状態で、相変わらずの人気ぶり。名物女将が次々来店する客を段取りよく案内し、さらにホールの司令塔にもなって客の回転をスムーズに。時折常連さんが現れると、軽いジョークを交えて挨拶したり。

いつもは窓際の席に座ること多いんですが、今回は店内中央あたりの席に。
 (222473)

 (222474)

シャンデリアやステンドグラス、テーブルや椅子など、そこここにヨーロピアン教会のような風味。こちらは昭和44年創業だそうです。
 (222472)

で、今まで気づきませんでしたが、店内中央には泉があり、中には金魚も泳いでいます。ちょっとした中庭感覚、ということでしょうか(笑)
 (222475)

 (222476)

 (222477)

 (222478)

今回は最初からクリームソーダ550円一択だったので、メニューもさらっとチェック。昼時には日替わり定食、さらに洋食や軽食、スイーツ類もあり、いろんなニーズに対応。
 (222484)

こちらは以前食べた喫茶店軽食の王道メニュー、ナポリタン。お店の雰囲気もこの美味しさのスパイスになっているような懐かしい風情のナポリタン。
 (222479)

そして、注文して比較的すぐの登場のクリームソーダ。お店の昭和レトロなトーンに映えます。

 (222480)

女将さんから、まずはソーダを飲んでからアイスを食べてください、そうしないと溢れます、と食べ方レクチャーまでされました(笑)
 (222481)

なので、素直にソーダを飲み
 (222482)

そしてアイスを崩して食べる。
たしかに女将さんの言う通り、アイスクリームを崩し始めると急に泡立ち激しくなり、そのままだったら溢れていたな、と。緑のソーダ水と相まって懐かしいアイスクリン的素朴な味わい。純喫茶の王道的たしなみ。

平日でしたが、皆時間を忘れて飲食と会話を楽しまれ、その解放感あふれる様子を目の当たりにして、この店の居心地の良さは共通認識なんだな、と。いい休憩タイムになりました。オススメの純喫茶です!

ヨ~イヤサ~♪

詳細情報

店名:純喫茶フルール
住所:京都府長岡京市天神1-8-2
TEL:075-951-6759
営業時間:10:00~21:00(L.O 20:30)
定休日:月曜日
21 件

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

豆はなのリアル京都暮らし☆ヨ~イヤサ~♪ 豆はなのリアル京都暮らし☆ヨ~イヤサ~♪

オススメの記事