2016年3月15日 更新

絶品の濃厚味変ソースと炒飯!ボリュームにも大満足!「ラーメンたぬき屋」

深草~伏見桃山は意外にラーメン店密度が高い地域。その中でも特にお気に入り店、近鉄伏見駅西側、徒歩3分ほどにあるラーメン店、たぬき屋に行ってきました

 (22897)

元々藤森にある人気ラーメン店、頑固麺で修行されていたご主人が独立されて始められたお店。2015年2月開店とまだ比較的新しい。
 (22898)

開店以来どんどんどんどんメニューが増えて、ついに7種類!という非常に選択肢の多いお店です。
私はここの熟成豚骨ラーメンのファンなので、過去そればっかり食べております。嫁はまぜそばのファン。店内はカウンター席ばかり、8席のミニマムスペースです。
 (22906)

お目当ては「熟成豚骨ラーメンDX」

熟成豚骨ラーメンDX(¥750)ディーエックスではなくデラックスと呼んでほしい!通常版と何が違うかというと、半茹で玉子と「たぬきソース」なる味変ソースが付いてくるところ。

特に気に入っているのがチャーシュー。甘口醤油タレで丁寧に煮込まれ肉厚でとろんとろん。こういう甘口煮込み系チャーシューを売りにしているお店が本当に少なくなったので、京都では数少ないお店かも。
 (22899)

麺は若干太目のやや多加水麺。そんなに特徴にあふれるような感じではありませんが、しこしこと腰も良好。
 (22900)

入れると味が化ける「たぬきソース」。今日はキーマカレーソースでした。円やかな豚骨醤油ダシに投入すると、ほんのり豚骨カレー、的ななかなか面白いお味になるのだ。他のお客さんを見ていると、圧倒的にまぜそば目当てのようなのですが、豚骨醤油好きは大推薦です~。

人気メニュー「まぜそばシリーズ」

 (22901)

まぜそば好きな嫁は、またまた新メニューに挑戦! 本日は味噌白湯まぜそば。麺150gで¥750なり。ガッツリ行きたい人は200gで¥800、300gで¥900、400gで¥1000まで調整できるシステム。
 (22902)

味噌タレのまろやかさがなんだか白湯ベースと良く合いますな。。麺はやや太めのラーメンよりさらに存在感+コシ!なタイプ。 一味を振りかけると更に好みのお味に。
 (22903)

このお店でお勧めしたいのが炒飯セット。ラーメンに+¥280という良心的価格で、ほんわりしっとり。ベースはたっぷりのチャーシューのヘタに、その煮込みタレ、それに風味付けはラードだと思うのだが、懐かしいお味で美味しい。。相当ガッツリ派も大満足な量だと思います。2人でも十分でした。

以上、大満足でお店を後にしたのだ。御馳走さまでした、また来ます~。

ラーメンたぬき屋の感想

ラーメンたぬき屋 店舗概要

名称:ラーメンたぬき屋
住所:京都市伏見区深草泓ノ壺町11-9 第二池田ハイツ
営業時間:11:30~14:30 18:00~21:00
定休日:木曜日、第1日曜日
TEL:非公開
店舗Facebookページ: https://www.facebook.com/RamenTanukiya/

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

スイカ小太郎。 スイカ小太郎。