2017年5月21日 更新

無性に食べたくなる濃厚こってりラーメン!「天下一品」

こってりラーメンの代名詞と言っても過言ではない、天下一品のこってりラーメン。今回は伏見区にある天下一品 一号線下鳥羽店をご紹介します。読んだら天下一品のラーメンが食べたくなること間違いなし!(笑)

全国250店舗の大人気ラーメンチェーン

 (81046)

京都生まれのこってりラーメンと言えば「天下一品」ですよね。本店は左京区にの北白川にあり、北は北海道、南は沖縄、さらにはハワイまで展開している一大ラーメンチェーンです。店舗は約250店舗あります。
今回は、伏見区の一号線沿い、下鳥羽店をご紹介します。駐車場も完備です。
 (81047)

店内は広々で窓が大きくとられているため明るい店舗になっています。
カウンター、ボックスシート、テーブルの構成のため、シーンを選びません。
 (81048)

こちらが定番のメニュー。
定食やトッピング類も豊富です。定番の唐揚げ、ギョーザ、チャーハンから、回鍋肉やまかない丼、スープライスセットなど少し変わったものまで。
 (81049)

お得なランチメニューはこちら。
平日限定ですが、チャーハンセットやスープライスセットがあります。
定食メニューと迷っていましますね。

無性に食べたくなる、こってりラーメン!

 (81051)

今回は鶏の唐揚げ定食(998円)に。ギリギリ1,000円きっています。
名物の濃厚なこってりラーメン、唐揚げ4個とご飯のセットです。定食のライスは小サイズですが、無料で並に変更できます。
 (81052)

こってりラーメンの並です。天下一品で一番オーソドックスなラーメンです。
見るからに濃厚でこってり、ねぎとチャーシュー、メンマがのったシンプルなラーメン。
 (81053)

鶏ガラベースの濃厚こってりスープはクセになる味わいで、無性に食べたくなりますよね。様々な旨味が詰まっていて、濃厚なのに後味にくどさがない不思議なスープです。
粘度もなかなかでレンゲもたつほど。

こってりが苦手方には、あっさりやそのハーフのこっさりもあります。
 (81054)

麺は普通麺か細麺から選ぶことができます。もちろん量も選ぶことができ、大(1.5玉)、特大(2玉)、逆に半玉も選ぶことができます。
麺自体の主張は少なめですが、特徴的なスープに負けない存在感は、なるほどなマッチング度です。スープが麺に絡みつき美味しいです。
 (81050)

忘れちゃいけない、天下一品の味変アイテムは、ニラニンニクと特製の辛子味噌のジャンキーなセットです(笑)
 (81055)

ニラニンニクと辛子味噌をスープにいれると、より濃厚でこってりで、辛味の効いたパンチのある味わい。またニラの食感もいい感じです。濃厚ラーメン好きには、途中でニラニンニクと辛子味噌を追加されることをオススメします。
 (81056)

定食の好みは別れるところですが、やっぱり安定の美味しさの鶏の唐揚げをオススメしたいですね。ご飯、ラーメンとの相性もバツグンです。
 (81062)

もう数年前に終了したのですが、実は下鳥羽店にはつけ麺メニューがありました。京都ではココだけ、全国でも数店舗だけでした。天一らしさはありつつも、他の専門店に比べると特筆すべきものはありませんがでしたが、また機会があれば食べてみたいなと思います。

不思議と無性に食べたくなる天下一品のこってりラーメン。またお近くの店舗にて寄ってみてください。ステキなこってりライフを(笑)

天下一品 1号線下鳥羽店への口コミ

<099>下鳥羽の天一で味がさね。 なんか久しぶりに食べた。

じぇっと(非公式)さん(@jetstream31.unofficial)がシェアした投稿 -

天下一品 1号線下鳥羽店 基本情報

名称:天下一品 1号線下鳥羽店
住所:京都市伏見区下鳥羽城ノ越町109
営業時間:11:00~翌3:00
定休日:1月1日
関連URL:
http://www.tenkaippin.co.jp/shop/detail.php?id=99

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

ガロン ガロン