2017年1月17日 更新

本場・香川で修行された店主が作る本格さぬきうどん「うどん 讃式(さんしき)」

京阪清水五条駅から五条通を東に3分ほどいったところにある饂飩店、讃式(さんしき)でうどんランチなり。

清水五条の好立地にあるうどん店

 (69155)

行ってない麺類店!で、思いついたお店が京阪清水五条駅から五条通を東に3分ほどいったところにある饂飩店、讃式(さんしき)。

店名の通り、讃岐饂飩の本場、香川県の有名店で修業されたご主人が2014年に開店されたお店なのだ。京都の有名饂飩店はほぼ未訪問!な我々ですが、香川式なら食うぞ!とやってきたのですな。
誰も並んでいませんでしたが、店内を覗くと4席ほどのウエイティングがあってすべて満席。結局10分ほど並びましたかね。。
 (69156)

メニューの一部。香川式饂飩なので多分ぶっかけ系がメインだと思うのですが、なにせ二日酔いなので2人とも温かいほっこりしたのが食べたい。
お店に入るまではあまり食欲がなかったのに店内に薰るカレーの香しい匂いに食欲がぎゅぎゅん!と刺激され、いつものようにかしわ天カレーうどん¥900と、肉うどん単品¥800とかやくごはん小¥160をチョイス。
並んでいる間に注文を聞きに来てくれたので、座ってから出てくるまでは結構早かったのだ。
 (69157)

まずはじゃじゃんと登場、かしわ天カレーうどんなり。きざみ揚げカレーうどん¥730に、別添えで5切れもあるかしわ天がついてくるというしっかり量メニュー。 
せっかくさっくりと揚がった衣がべちゃらないので、このシステムが好きだ~!
 (69158)

そのかしわ天拡大写真。胸肉を食べやすく薄切りにして、さっくり揚げました!的な一品ですが、しっかり下味を染み込ませていてぱさぱさ感は皆無。
皿の隅っこに梅肉を添えているのも気が利いていますな。。。GOODです!
 (69159)

肝心かなめのカレーうどん。ダシはえぐみの少ないかつおだし系で小麦粉も利かせたポッタリしたタイプ。そんなに辛くはないですが、好みのお味。
当然讃岐なので、カレーうどんでもちゃんと腰を感じるのが良いですな。量もしっかりで大満足なり!
 (69160)

肉うどんもお肉しっかりで、甘めのダシが二日酔いに本当に効きますな・・・・。
 (69161)

更にこれはいいな~!と感心したかやくごはん。いい感じの味の濃さ、炊き加減もほこほこで、非常~!にGOODでした。

行列がずらずら並ぶほどではなく、が、ずっとひっきりなしに満席で、ご近所の皆さんに愛されているお店なんでしょう。おいしかったです、また来ます。

うどん 讃式(さんしき) クチコミ情報

うどん 讃式(さんしき)店舗情報

店名:うどん 讃式(さんしき)
住所: 京都市東山区五条橋東2-9-4
営業時間:[月] 11:00~15:00 [水~日] 11:00~21:00
定休日:火曜日
TEL:075-531-7775

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

スイカ小太郎。 スイカ小太郎。