2016年3月27日 更新

見頃が待ち遠しい、知る人ぞ知る枝垂桜の穴場。「妙覚寺」「水火天満宮」【鞍馬口】

目と鼻の先にある鞍馬口周辺「妙覚寺」「水火天満宮」。こちらも隠れた桜のポイント。

妙覚寺

妙覚寺の創建は1378年、数少ない聚楽第の遺構と言われています。豊臣秀吉や千利休、ゆかりの地として知られています。
 (25297)

門前に立派な紅枝垂れが1本。ご覧のようにまだ咲き始めたところ。
 (25299)

既に咲いているふんわりとしたピンク色の花はなんだか春爛漫ですな。

妙覚寺への声

妙覚寺 概要

名称:妙覚寺
住所:京都市上京区上御霊前通小川東入下清蔵口町135
電話番号:075-441-2802

水火天満宮

堀川通に面する小さな神社、「水火天満宮」はその名の通り、水難火難避けの神といわれています。
 (25300)

こちらは小さな境内一杯に枝を広げた紅枝垂れ桜が綺麗なのだ。
 (25301)

こちらもまだ2分咲きほどですかね。
 (25303)

妙覚寺の紅枝垂れとはまた違う種類のようで、花のつぼみがシャープな形。しかし、この状況なら来週末来てもまだ楽しめそう。

水火天満宮への声

水火天満宮 概要

名称:水火天満宮 (すいこてんまんぐう)
住所:京都市上京区堀川通寺ノ内上ル二丁目扇町722-10

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

スイカ小太郎。 スイカ小太郎。