2018年11月8日 更新

【京都市場めぐり】朝採れ野菜がどっさりで新鮮!安い!!美味い☆市内最大級の農産物直売所「桂川街道産直ひろば」

桂川にある産直市場。西京区を中心に近郊農家の朝採れの新鮮野菜が種類豊富に並ぶ。

近郊農家から朝採れ野菜が直送

 (137908)

たまたまこの界隈散策中、どこかで新鮮な地元の野菜を買える場所はないかと。あまり普段買い物しないエリアで情報なく、いろいろネットで調べていたらこちらがヒット。

桂川街道にある産直市場。市内の農産物直売所としては最大級みたいです。
 (137921)

こちらがその建物。こちらの棟は主に生鮮品を販売してますが、この向かいにも加工食品を販売してる別棟がありました。
 (137909)

果物も並んでいましたが、ほとんど他府県産。それでもどれも割安。
 (137910)

植物の苗もあり。
 (137918)

店内かなり広めです。今までいろんな産直市場行きましたが。
 (137911)

ちょうど旬なのか、リンゴの種類がとにかく豊富にありました。京都ではメジャーではない品種も。
 (137912)

葉物野菜も種類豊富。水菜、春菊、ほうれん草、小松菜などいろいろと。

途中、近くの農家さんが品出しに来て、野菜を補充されてたり。直送で鮮度よし。
 (137913)

キュウリは右京区産。見るからに鮮度よく、イボイボがシャープ。
 (137914)

ブロッコリーもかなり立派。西京区産。
 (137915)

そろそろ冬野菜の漬物シーズンということもあり、かぶらも最盛期ですかね。
 (137916)

九条ネギ。こちらは伏見産。
 (137917)

野菜だけじゃなく、鮮魚や肉も販売しています。
 (137919)

で、いろいろ買ってみました。
どれも新鮮で肥沃な畑で育ったのか、ボリューミーなサイズで収穫されてます。なので、割安コスパよし。食べてみると、どれもしっかり主張する味の野菜たち。

そろそろ冬野菜がいろいろ登場し、ますます野菜が美味しくなるシーズン。新鮮で安くて美味しい野菜たちが豊富にありますよ。

桂川街道産直ひろば へのツイート

詳細情報

住所:京都市西京区牛ヶ瀬奥の防町18
電話番号:075-393-1010
営業時間:午前9時30分~午後6時30分(平日)
     午前9時30分~午後7時00分(土・日・祝)
定休日:無休(正月を除く)
公式サイト:http://sanchokuhiroba.com/

20 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

【京都産直市場めぐり】京都山城の野菜や果物が満載!名産品いちじくは今が旬☆JA京都やましろ直売所「五里五里市」

【京都産直市場めぐり】京都山城の野菜や果物が満載!名産品いちじくは今が旬☆JA京都やましろ直売所「五里五里市」

京都府城陽市にあるJA京都やましろ管轄の農産物直売所。とれたての野菜や果物などの農産品を豊富に取扱い、年中無休で販売。特に城陽の名産品・いちじくは今が最盛期。行ってきました。
【京都朝市】洛西の産直野菜が大人気!さらに開催日増設!!2周年記念品もプレゼント☆「マルシェ大原野」

【京都朝市】洛西の産直野菜が大人気!さらに開催日増設!!2周年記念品もプレゼント☆「マルシェ大原野」

洛西の新鮮かつ高品質な農産物や加工品が並ぶ朝市の人気マルシェ。今年で2周年を迎え、7月から3年目に突入。それを機に、第1・第3土曜開催に加え、毎週火曜日も開催決定。ますます野菜生活が充実。
【京都大原】京都市内屈指の食材の宝庫!ミシュラン星付き有名料理人も続々買いに来る!「里の駅大原」

【京都大原】京都市内屈指の食材の宝庫!ミシュラン星付き有名料理人も続々買いに来る!「里の駅大原」

地元大原でとれた新鮮の野菜や肉や卵、農産品など、京都市内では種類豊富に食材が並ぶ市場。朝早い時間には、全国的にも有名なミシュラン星付きの料理人も続々と買いに来る市場。季節の食材を求めて行ってきました。
【京都朝市】秋の味覚・旬の新鮮野菜がどっさり!洛西の食材庫☆「マルシェ大原野」

【京都朝市】秋の味覚・旬の新鮮野菜がどっさり!洛西の食材庫☆「マルシェ大原野」

洛西の新鮮かつ高品質な農産物や加工品が並ぶ朝市の人気マルシェ。今年で3年目に突入し、第1・第3土曜開催に加え、毎週火曜日も開催。秋の味覚を求めて行ってきました。
京都伏見の産直カラフル夏野菜がどっさり!一風呂ついでにお買いもの☆「じねんと市場」【京都竹田】

京都伏見の産直カラフル夏野菜がどっさり!一風呂ついでにお買いもの☆「じねんと市場」【京都竹田】

地下鉄竹田駅すぐ。スーパー銭湯、スポーツ施設、地産地消レストランもある複合施設。その敷地内にある、京都市内、とくに伏見中心に近郊農家から直送された新鮮野菜がな並ぶ生鮮品市場。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

三杯目 J Soup Brothers 三杯目 J Soup Brothers