2018年9月2日 更新

【京都産直市場めぐり】京都山城の野菜や果物が満載!名産品いちじくは今が旬☆JA京都やましろ直売所「五里五里市」

京都府城陽市にあるJA京都やましろ管轄の農産物直売所。とれたての野菜や果物などの農産品を豊富に取扱い、年中無休で販売。特に城陽の名産品・いちじくは今が最盛期。行ってきました。

城陽名産のいちじくは今が旬!

 (132679)

週末の産直市場めぐりがライフワーク化してます(笑)
というのも、最近台風や悪天候続きでスーパーの野菜価格が高騰してたり、品薄だったり。それなら、京都の農家さんの産直野菜なら、新鮮かつ割安で手に入るんじゃないかと。

今回は、意外と今まで行ったことがなかった南エリア・山城へ。
 (132680)

初訪問です。
JA京都やましろが管理する、城陽にある農産物直売所「五里五里市」。ここ以外に他7か所直売所が山城エリアにあります。
 (132681)

年末年始や特休日以外は年中無休。ありがたいですね。
 (132682)

お店に入ると、売り場の中心に今が最盛期のいちじくが並んでいます。
城陽は京都の中でも、いちじくの名産地として特に有名で、クオリティ高いいちじくが京都市内のスーパーにもこの時期並んでいます。朝採りで新鮮。
 (132684)

少量ですが、かぼすやすだちも城陽でつくってるそうです。
 (132685)

もう終盤になるんですかね。伏見とうがらしや万願寺とうがらし、ピーマンなど。
 (132686)

城陽にも地卵あるんですね。
 (132687)

さらに、城陽は梅の産地でもあり、梅酒メーカーもあったり。梅干も特産品。
 (132688)

かなり大きな株の城陽産ニンニク。しかも、ニンニクの一大産地である青森産より割安。
 (132689)

茄子も水ナス、米ナスや、緑色や白いナスまで。
 (132690)

彩りとして欠かせない野菜になったパプリカ。以前は韓国産ばかりでしたが、城陽産もあるんですね。産直で安全安心。
 (132691)

そして、いろいろとまた城陽産中心に購入。売り場には城陽産以外のものも販売してましたが。
これからまた台風続きで野菜価格の高騰が懸念されますが、旬の野菜を美味しく安く調達できる場所として、直売所オススメです!

五里五里市 へのツイート

詳細情報

住所:京都府城陽市富野北垣内56
電話番号:0774-53-0072
営業時間:9時半~16時
定休日:無休(年末年始・特休日除く)
関連サイト:http://www.ja-yamasiro.com/

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

三杯目 J Soup Brothers 三杯目 J Soup Brothers