2019年2月28日 更新

摩訶不思議な美味しさのロースカツパフェ『からふね屋珈琲 本店』【河原町三条】

今や京阪神の至る所でお見かけする京都発祥のコーヒー店。どの店舗も圧巻バリエのパフェメニューですが、こんなキワモノ派メニューは本店限定です。

本当にサクサク、はまるフード系パフェ

 (116021)

京都を中心に京阪神に数店舗展開している言わずと知れた「からふねや珈琲店」
河原町三条にある本店、スタイリッシュな白抜きフォントが遠目からもすぐ確認できます。
美しく光を浴びたキワモノ達

美しく光を浴びたキワモノ達

ガラス張りのショーケースの中のパフェ達はまるで宝飾品が如くきらびやかな様。

くつろげるシンプルモダンな店内

 (116030)

カフェは3フロアに分かれ、かなりのキャパを有する店内。
一階から三階までノーブルな色使いで統一したカフェスペース。
カウンターにはコンセントもあり。
 (116022)

京都発祥のからふね屋ですが、高槻や阿倍野と大阪にもからふねやカフェといった新形態で出店されたりします。
おもしろ系メニュー

おもしろ系メニュー

おもしろ系メニューも様々なバリエーション。

おもしろ系とひとまとめに出来ない個性の際立ったカフェメニューばかり。
本店に来たのならマストチョイス。

思わずほころぶファニーなビジュアル

さくさくロースカツパフェ ¥930

さくさくロースカツパフェ ¥930

中は上から、チョコアイス、バニラアイス、クリーム、オレンジ、キウイ、りんご、ヨーグルトとダイスカットしたももやマンゴー。

さくさく、ふわっ!?

 (116015)

ロースカツは揚げたてさくさく、ソースは元からかかっており、さっくりとしっとりの狭間の食感。
もれなくついてくるホイップはマヨネーズと思って挑めよ。
 (116019)

フルーツは綺麗に飾り切りしたリンゴ。
チョコアイスもバニラアイスもクリーミー。
ほんのりソース味のクリームはザ関西スタイル。
 (116238)

フルーツとクリーム、そしてカツ。
突然変異でなぜか、これもアリ!と錯覚に陥ってしまいます。
アイスが溶けてしまうので、
まずは熱いカツを食べて、残りをデザートとして頂くのが一番ベター、
 (116239)

河原町通りに面する窓際席のカップルシートでまったりパフェデートなんて刺激的すぎる!とにかく斬新な味わいはアメイジング!
たこ焼きパフェやたこ焼きに見立てたシュークリームなどはなんちゃってなので、ハードルが高い方にはこちらをお勧めします。

クチコミでの評判

基本情報

店名:からふね屋珈琲 三条本店
住所:京都市中京区河原町通三条下ル大黒町39
電話番号:075-254-8774
営業時間:
9:00~翌1:00(祝前日、金、土)
9:00~23:00(日~木)
定休日:無休
店舗HP: http://karafuneya.jp/

関連する記事 こんな記事も人気です♪

理想的なサクっ、ふわっ感!絶品モーニング「志津屋」【河原町三条】

理想的なサクっ、ふわっ感!絶品モーニング「志津屋」【河原町三条】

ロングセラーのカルネなどメディアでも度々登場する京都を代表するベーカリー。トーストはもっちり、ふわふわ、そして表面サクサク。カフェで頂く最強のモーニングセット。
京都を代表する名喫茶☆琥珀色の空間で朝食を「六曜社(ろくようしゃ)」【河原町三条】

京都を代表する名喫茶☆琥珀色の空間で朝食を「六曜社(ろくようしゃ)」【河原町三条】

河原町通りの有名喫茶六曜社。一階の六曜社はムーディーな大人の魅力ある地下店とは違う、爽やかで軽やかな微睡みの朝の顔。本格派コーヒーと、サクフワトーストモーニングは必食です。
タダカフェは普通じゃない!広告を見たらドリンク無料【京都】

タダカフェは普通じゃない!広告を見たらドリンク無料【京都】

三条に型破りなカフェが誕生しました。学生のアイデアで誕生したタダカフェは、広告を見ることでドリンクが無料というスゴいカフェです。
喧騒から逃れて優雅すぎる珈琲タイム*喫茶葦島(きっさあしじま)【三条河原町】

喧騒から逃れて優雅すぎる珈琲タイム*喫茶葦島(きっさあしじま)【三条河原町】

三条河原町の交差点のビル5階。究極の隠れ家は街中の喧騒からエスケープ、そして紡ぎ出されるリッチネスな珈琲処をご紹介。
京都|河原町の定番茶寮☆ぎゅっと詰まった絶品こだわりパフェ・永楽屋【四条河原町】

京都|河原町の定番茶寮☆ぎゅっと詰まった絶品こだわりパフェ・永楽屋【四条河原町】

四条河原町の交差点と繁華街のど真ん中に位置する老舗茶屋。現代モダンと伝統が融合した店内でしっとりスイーツタイム。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

cafequeen cafequeen