2020年10月6日 更新

【京都道の駅めぐり】京丹波の秋の恵み満載!名産地ならではの栗や黒豆目白押し☆「和(なごみ)」

おおきに~豆はなどす☆今回は船井郡京丹波町にある道の駅。秋も深まり、産地直送の秋の味覚を求めて行ってきました。

秋の味覚続々登場で盛り上がる道の駅

 (192845)

船井郡京丹波町。車で京都縦貫道経由、京丹波わちインター下りて、こちらの道の駅和(なごみ)」へ。そろそろ栗や黒豆など秋の味覚がそろい始めているのでは?とやってきました。秋になると『森の京都』が俄然盛り上がるというか。冬になると『海の京都』でカニやブリを食べないと!みたいな心境になるのと同様。なんでそんなに食い意地張るのか(笑)

大自然がパノラマ式に展望できる由良川左岸に位置し、京丹波町の特産物や農産加工品を提供。他、道路情報センター、フードコートもあります。
 (192844)

道の駅前では、ちょうど旬を迎える、この辺りで収穫された和知栗を販売。試食もさせてもらいましたが、丹波栗より小粒ながら味は濃厚。
 (192846)

早速、産直野菜コーナーへ。
この日はやってきた時間帯が遅く、すでに大半売れてしまった残り少ない状態だったのかもしれませんが、季節の野菜が並んでいました。
 (192848)

いちじくやらサツマイモ、大量のニラなど。ニラはこれだけ入って120円。安ッ!!
 (192847)

むき栗も販売されていました。皮をむくのが面倒な人には最適。
 (192849)

紫蘇の実も。

で、そろそろ黒豆の枝豆が出荷されてるかと思ったら、今年は1週間くらい収穫が遅いらしく、来週あたりから本格的に出荷されるそうです。この日は全く黒豆なし。
 (192853)

さらに、加工食品コーナーへ。
お弁当をはじめ、栗ご飯や栗入りのお赤飯なども。
 (192862)

 (192850)

パンコーナーでは黒豆の入ったパンのバリエーションが豊富でした。黒豆推し。
 (192855)

さらに、この辺りの名水で仕込んだお豆腐。黒豆のお豆腐もあります。
 (192856)

レトルトカレーも、牛肉あり地鶏ありジビエあり。さすが森の京都。
 (192857)

さらに、この辺りの老舗の酒蔵・長老酒造の酒粕も。
 (192858)

新米も絶賛入荷中。わち米。
 (192859)

柚子、みょうが、ニラ、黒豆パンを購入。
 (192860)

で、辛抱たまらず黒豆パンを車中で実食。ふわふわの柔らか生地に、さらに大粒でふっくら炊かれた黒豆がとても美味。ちゃんと黒豆の風味を生かすよう甘さも控えめで、なかなかの美味しさ。

イートインでは黒豆を練りこんだうどんなどもあり、ご当地色全開。実りの秋、丹波散策で立ち寄りたいスポットですね。

ヨ~イヤサ~♪

詳細情報

名称:道の駅和
場所:京都府船井郡京丹波町坂原上モジリ11番地
電話番号:0771-84-1008
営業時間:8時30分~18時00分
定休日:原則火曜定休 祝日の場合は営業
関連サイト:https://wachi-nagomi.com/index.html
19 件

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

豆はな 豆はな