2017年11月15日 更新

【秋の風物詩】京都の台所"錦市場"でアツアツ鍋を堪能!「錦市場 鍋まつり」開催【11/11】

今年も京都の台所、錦市場で「鍋まつり」が開催されます!日時は2017年11月11日(土)(雨天決行)、19時~21時半、今年も大盛り上がり間違いなしです!

今年も開催「錦市場 鍋まつり」

 (102265)

今年も錦市場の鍋まつりが開催されます!日時は2017年11月11日(土)(雨天決行)、19時~21時半です。
今年も大盛り上がり間違いなし!!錦市場でうまい鍋とお酒を堪能してください。
 (102266)

例年通り、飲食ブースはチケット制になっています。
前売り券は11枚つづり1000円、当日券は10枚つづり1000円になっています。
前売り券はバラ売り不可。当日券はバラ売り可となっています。

また、ご購入されたチケットは後日錦市場にてお買い物券としてご利用できます。
利用期限は2017年11月30日(木)まで。お釣銭はでませんのでご注意ください。

前売り券は錦市場組合事務所にて販売されています。
(販売日時:11月1日(水)〜11月10日(金)10:00〜16:00)

また当日券は、鍋まつり会場内券売所で販売されています。
(上記MAPを参照してください)

例年大盛り上がりのイベントです!

 (103402)

 (102257)

過去の鍋まつりの様子をご紹介!
本当に多くのお客さんが来られていたのですが、一瞬すいた瞬間を狙ってパシャリ。
老若男女問わず、アツアツのお鍋を楽しんでおられました!
 (102259)

毎年、バラエティに富んだ美味しいお鍋が用意されています。

おでん、海鮮鍋、甘鯛みぞれ鍋、錦若沖鍋(猪)、もつ煮込みスープ、京野菜鍋といった充実のラインナップ。
 (103403)

 (103401)

 (102261)

どのお鍋も売切必至ですので、早めの来場がオススメです!

お鍋以外にも、生ビールやお酒類はもちろん、
唐揚げ、ゆば寿司、ジェラート、ソフトドリンク、コーヒなどのブースも用意されています。

また子供たちも楽しめる、スーパボールすくいや、活きた魚にふれることができる体験ブースも用意されています。(体験ブースは小学生まで)
 (102260)

お鍋と言えば、日本酒も欠かせません!ビールもいいけど日本酒もね。
鍋まつりでも日本酒も販売されていますので、乾杯はぜひ日本酒で!

ちなみに京都市では、日本酒での乾杯を促進する条例が定められていますのでご注意ください(笑)
 (103397)

 (103398)

 (103399)

 (103400)

21 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

カニ鍋や伊勢海老鍋も1杯300円!京都の一大イベント「鍋まつり」中央市場で11月23日開催!

カニ鍋や伊勢海老鍋も1杯300円!京都の一大イベント「鍋まつり」中央市場で11月23日開催!

京都の食生活を支える京都市中央市場にて、今年も「鍋まつり」が開催されてます。日時は11月23日、11時~14時まで!カニ鍋や伊勢海老鍋などめっちゃ美味しいお鍋は、ほとんどが300円!これは行くしかありません!
錦市場&中央卸売市場 今年も開催!京都で年に1度の「鍋まつり」【イベント】

錦市場&中央卸売市場 今年も開催!京都で年に1度の「鍋まつり」【イベント】

日に日に、朝晩冷えてきましたね。 そんな寒さを感じる時期に年に1度の鍋祭り! 京都では11月に14日、22日と2つの鍋祭りがあるのをご存知ですか?
【京都錦市場商店街】京の台所に広がるシャッターアート!伊藤若冲生誕300年記念「錦市場ナイトミュージアム」

【京都錦市場商店街】京の台所に広がるシャッターアート!伊藤若冲生誕300年記念「錦市場ナイトミュージアム」

今年は若冲イヤー。その一環、伊藤若冲生誕の地・錦市場で現在開催中のイベント。昼間は買い物客で賑わう錦市場の様相とは打って変わり、ひっそりとした夜のシャッターに若冲ワールドが浮かび上がる。
「AWOMB(アウーム)」の祇園祭グルメは見た目だけじゃない味とクォリティー【7/23まで】

「AWOMB(アウーム)」の祇園祭グルメは見た目だけじゃない味とクォリティー【7/23まで】

現在市内では、祇園祭・後祭が開催されていますが、23日宵山まで楽しめる「AWOMB(アウーム)の祇園祭フードを紹介します。
【2018京都祇園祭】ゆったり夜の後祭をぶらり!夜の山鉾めぐりは快適で狙い目!!風情漂う祇園囃子☆

【2018京都祇園祭】ゆったり夜の後祭をぶらり!夜の山鉾めぐりは快適で狙い目!!風情漂う祇園囃子☆

祇園祭後半。前祭に引き続いて後祭。猛暑続く中、山鉾建て、曳初めも無事終わり、各山鉾町内には後祭の山鉾が全て出そろっています。そんな夜の後祭山鉾町をぶらり散策してきました。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

ガロン ガロン