2019年1月8日 更新

祇園のランドマーク『レストラン菊水』でクリアなホワイトクリームソーダを【祇園】

雑誌で特集が組まれるなど今空前のブームのクリームソーダ事情。そして今流行りの透明色のドリンク。クリームソーダ、クリア今年のトレンドを二つも盛り込んだメロンが定番のクリームソーダですが専門店も現れるほど今や多種多彩。透明感のある無色のホワイトクリームソーダで原点回帰。

レトロな味のある店内

 (119618)

京阪祇園四条駅の真上に位置する言わずと知れた祇園のランドマーク
レストラン菊水。
グリル、喫茶とマルチユースな老舗カフェレストラン。

こちらは二階がお食事どころで喫茶利用は一階がメイン。
 (119619)

奥行きのある店内にはボックス席とテーブ席が整然とレイアウト。
 (119698)

西洋を意識した豪奢なシャンデリアに放射線状に広がる特徴的なランプ、
壁には舞妓さんの額縁と京テイストを上手く盛り込んだ空間造り。

天井から降り注ぐ控えめな間接照明と自然光がアンニュイな古情緒に拍車をかけます。

迸る透明感

 (119620)

お目当てのクリームソーダは定番のメロンソーダとホワイトの二種類。

今回はクリームソーダ ホワイトをチョイス。
ホワイトソーダの無色の炭酸水はスプライトだそうですが、甘さがないものも可能。
 (119622)

先ずは敷き皿がサーブされ
程なくサーブされたソーダは他にはない眩い透明感。
華奢なグラスとフェミニンテイストの花柄のプレートが可憐にマッチ。
グラスには氷とソーダがハーフ、ハーフ。
 (119995)

上部にはシンプルにワンスクープのバニラアイス。
ミルク感が強くとても美味。
お馴染みのスプライトがクリームによってマイルドな味に変化。
これぞ正に元祖系スケルトンスタイルのクリームソーダ。
 (119996)

なんといってもガラス越しに見える交差点を行き交うワールドワイドな人の遊動風景はオンリーワンの眺望です。

犬のオブジェの背後で頂くのも乙であります。フォーマルスタイルのスタッフさん方。
人数も多く、混み合う中 提供速度もスピーディー。
BGMはなく食器の重なる音、人々の談笑、スタッフさんのおもてなしの声が見事にミクスチャー。
終始心地よい騒めきに。
これからも長きにわたり愛され続ける昭和遺産のカフェレストランでした。

クチコミでの評判

基本情報

店名:レストラン菊水
住所:京都市東山区四条大橋東詰祇園(南座向い)
電話番号:075-561-1001
営業時間:10:00~22:00
定休日:無休
関連ページ:http://www.restaurant-kikusui.com/shop/index.html

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

cafequeen cafequeen