2022年7月26日 更新

【京都カフェ】クリームソーダファン必訪の名店☆昭和レトロで懐かしい「やまもと喫茶」

おおきに~豆はなどす☆今回は東山区祇園白川にもほど近い場所の正統派喫茶店。モーニングで利用することしばしばですが、今回はファンも多いクリームソーダをいただきました。

昭和レトロ感ただようクリームソーダは理想形

 (226722)

東山区、東大路通白川沿いを西へ行った場所にある喫茶店『やまもと喫茶』。すぐ近くには知恩院や祇園など観光スポットにもほど近い場所。この日は、昼間の観光で喉が渇き、暑さを癒せる場所を、とここを思い出し、昼下がりにやってきました。

京都には喫茶店やカフェが数多くありますが、その中でもファンが多く、喫茶店好きの間ではよく知られているお店。私も時々モーニングをいただいたり。
 (226723)

ナポリタンののぼりで隠れていますが、古い喫茶店によくある巨大コーヒーミルが店前に鎮座し、さらにホーローポットも飾られ、温かみある雰囲気のお店。お店自体は老舗というわけではなく、古き良き喫茶店文化を大切にされてて、それをそのまま店づくりに反映されてる様子。
 (226724)

ちょうどランチタイムも終わってスグの時間帯で、この時貸し切り状態でした。店内は古い喫茶店に共通する落ち着いた空間。飾り棚にはセンスのいいコーヒーカップやコーヒーミルがインテリア兼ねて並んでいます。こちらのご店主は京都の老舗珈琲店「前田珈琲」のご出身。なんとなく、店の雰囲気にもそんな要素が感じられます。
 (226725)

こちらはフードメニューになります。フードも美味しく定評あり。特にモーニングは7時からオープンされていて、観光客をはじめタクシー運転手などいろいろな層に人気。私も朝活の途中に利用させてもらってます。
 (226726)

 (226727)

 (226728)

しかも、バリエーション豊かなモーニング。朝カレーあり、人気の玉子サンドもあり、王道のトーストもありで人気なのがわかります。こちらは以前モーニングをいただいた時の画像。
 (226730)

 (226731)

 (226732)

こちらはドリンクメニュー。コーヒーが美味しいお店と知りつつも、今回はクリームソーダをいただこうと最初から決めていました。今まで食べたことがなかったのですが、こちらの名物でもあり、ファンも多いメニュー。他、シャーベット付きの夏限定メニューもあります。
 (226729)

そして、注文後しばらくして登場したのがこちらのクリームソーダ750円。
 (226733)

ちょっとクリームソーダファンからすると、理想形のような見た目というか。これは一目惚れしてしまうクリソ。あ、クリソはクリームソーダの略称でお店でもその略称一覧が表示されてました。私自身はふだんあまり略称しませんが、ここはあえて(笑)
 (226734)

このグラスが素敵すぎです。天神さんの骨董市にありそうな、リアル昭和のグラスのようなほのぼのデザイン。この素朴な絵柄がさらにいいですね。
 (226735)

さらにグラス口を覆う白いアイスの半球、その上にふくよかなチェリー。私もこれまでクリームソーダをいろいろ食べてきましたが、こんなに完成度高いクリームソーダはないかも、と。
 (226736)

まずはアイス。バニラのようですが、これが激ウマ。某有名メーカーのなんちゃらダッツ級(笑)いやそれ以上の美味しさで、こんなクリームソーダに使われるのはちょっともったいないような。クリームソーダのアイスって、わりと美味しさおざなりのやつというか、薄めのあっさりタイプだったりしますが、単体で食べたいような美味しいアイス。濃厚さから言って、もしかしたら自家製なのかもしれません。
 (226737)

で、夢中で一気にソーダ部分も飲み干してしまい、最後〆のチェリー(笑)チェリー2個使いがいいですね。ファンが多いのもわかるクリームソーダ。

まだまだ暑い日が続き、避暑にも最適な喫茶店。ぜひお試しあれ!

ヨ~イヤサ~♪

詳細情報

名称:やまもと喫茶
場所:京都府京都市東山区白川通東大路西入ル石橋町307-2
電話番号:075-531-0109
営業時間:7:00~16:30(閉店17:00)、モーニングは~11:00(L.O.)
定休日:火曜日
20 件

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

豆はなのリアル京都暮らし☆ヨ~イヤサ~♪ 豆はなのリアル京都暮らし☆ヨ~イヤサ~♪

オススメの記事