2017年5月29日 更新

雰囲気もお料理も最高!一度は行くべき京都を代表する居酒屋の名店☆神馬☆

西陣エリアにある1934年創業の京都を代表する老舗居酒屋 神馬へ行ってまいりました。酒蔵のような雰囲気のある佇まいもステキな居酒屋さんです。

一度は行くべき京都を代表する居酒屋の名店

 (81831)

2か月ほど前のことになりますが、西陣エリアにある1934年創業の京都を代表する老舗居酒屋 神馬へ行ってまいりました。
酒蔵のような趣のある佇まいのお店です。
 (81832)

店内もレトロな雰囲気がなんとも良い感じ。
 (81833)

このレジも昭和30年代から使っていらっしゃるのだそうです。
 (81834)

まずは、乾杯~♪

私は柚子酒のソーダ割を頂きました。自分で柚子酒をソーダで割って頂きます。

割烹並みの美味しい本格的な京料理

 (81835)

<つき出し>
牡蠣の燻製に菜の花が添えてあったり、つき出しからクオリティの高さを感じます。
 (81836)

<雲子ポン酢>
まったりとクリーミー、舌の上でとろけるような雲子、キリリとしたポン酢とネギでを合わせて頂きます。
 (81837)

<飯蛸と筍の旨煮>
玉子がパンパンに詰まった飯蛸、お出汁がしっかりとしみこみ、噛む度、じゅわ~っと旨みが口の中に溢れます。

筍の甘み、蕗のほろ苦さが春の訪れを感じさせてくれました。



お酒も進み、続いては日本酒を。
 (81838)

<久保田の吟醸生原酒>
すっきり感と原酒ならではのしっかりとした味わいのお酒です。
 (81839)

<白魚の天ぷら>
衣はカラリと軽く揚っていて、中はふんわりしっとりの白魚の天ぷら。
お野菜の天ぷらも美味しかったです。

お塩と天つゆで頂きました。
 (81840)

<合鴨ロース>
ロゼ色の鴨はしっとりと柔らかくて、ジューシー、脂の部分が甘く、最高に美味しい鴨ロースでした。
 (81841)

<甘鯛蕪蒸し>
蕪がふんわりと、優しい甘み、百合根の食感もいいですね。

上品な味付けで、心も体もほっと癒されます。


三代目のご主人は、板前割烹で修業をされていたので、割烹並みの美味しい本格的な京料理が楽しめ、女将さんの温かな接客にも心なごみました。

京都で一度は行くべき居酒屋の名店ですね。

神馬 クチコミ情報

神馬 店舗情報

店名:神馬
住所:京都市上京区千本通中立売上ル西側玉屋町38
電話番号:075-461-3635
営業時間:17:00~21:30
定休日:日曜日
18 件

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

フードアナリストゆう フードアナリストゆう

オススメの記事

今注目の記事