2018年3月22日 更新

絶品ハンバーグがたまらん!東山二条のこだわりが詰まった洋食店「イノツチ」

東山二条、イオンのすぐ隣にあるこだわりが詰まった洋食店「イノツチ」。絶品のハンバーグランチをご紹介します。岡崎や京阪三条からも徒歩圏内です。

こだわりが詰まった洋食店!

 (118901)

東山二条の交差点からすぐ、こだわりが詰まった小さな洋食店をご紹介。
京都随一のカルチャーゾーン岡崎、京阪三条も十分徒歩圏内。よ~いドン!のオススメ3でも紹介されたましたが、常連さんも多く隠れた人気店です。
 (118902)

お店の名前は「洋食イノツチ」
イオン東山二条のすぐとなりのビルにあります。
パン屋さんのようなかわいらしい、この外観が目印です。
 (118910)

L字のカウンター席のみの小さな洋食店。
キュッとコンパクトに詰まった店内は、一体感がありなんだか居心地がよく。

お若いシェフは、ホテルで修行されたのち、カフェレストランや居酒屋など、様々な料理や現場を経て、独立されたホテル仕込みの本格派。
ちょっと強面な感じもしますが、話をすると楽しくユーモアたっぷりのシェフです。
 (118904)

ランチは、洋食の王様"ハンバーグ"のみ。
ハンバーグ(880円)、目玉焼き(980円)、おろしポン酢(980円)、トマトチーズ(980円)、イノツチ特製デミ玉(1080円)の5種類から味を選ぶことができます。

夜は、グラタン、ポークカツ、海老フライなどこだわりの洋食メニューが並びます。
ワインがすすむこと間違いなし。
 (118905)

ランチはイノツチ特製のデミ玉ハンバーグ(1080円)に。
スープとライスがセットになっています。
この日のスープは、春キャベツのポタージュ。
キャベツの甘味が十分に引き出された優しい味わい。
 (118906)

きました、きました、イノツチ自慢のハンバーグ!
大ぶりのハンバーグに、濃厚な黄身の目玉う焼きがたまりません!

注文が入ってから、成形して焼くので少しだけ時間はかかりますが、
こんな美味しそうなハンバーグが食べられるなら、喜んで待ちます。
 (118907)

黄身を崩すと、この絵面。もうため息もの(笑)
 (118908)

ハンバーグの断面は、こんな感じに。
火入れモバッチリ!しっかりとした肉感はありつつも、割とフレッシュな味わい。
ハンバーグとデミグラスソースの美味しさは言葉にするまでもなく、この写真だけで十分伝わると思います。
 (118909)

最近では市販のデミグラスソースを使うお店も増える中、イノツチではもちろん自家製の手作りです。
美味しいデミグラスソースは、ハンバーグだけではなくご飯にも合います。
もったいないので、ご飯にソースをかけて食べると2度美味しく(笑)
目玉焼きを少し残しておくのがポイントです。

絶品のハンバーグ、ぜひご賞味あれ。

洋食イノツチ クチコミでの評判

洋食イノツチ 店舗情報

店名:洋食イノツチ
住所:京都市左京区聖護院蓮華蔵31 第二近健ビル 1F
電話番号:075-751-6000
営業時間:12:00~14:00 / 18:00~22:00
定休日:火曜日
関連ページ: https://www.facebook.com/洋食-Inotsuchi-117640241940044/
15 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

中でもど迫力☆行列必至!人気老舗洋食のスペシャリテオムライス『グリル小宝』【岡崎】

中でもど迫力☆行列必至!人気老舗洋食のスペシャリテオムライス『グリル小宝』【岡崎】

巷で話題のグリル小宝=オムライスと言われるほどのスペシャリテ。怒涛の気合いで挑むはフードファイター一歩手前の中サイズ。ミドルでもデラックスなボリュームです。
【祝!】移転オープン!自慢のお肉がお気軽に頂けるランチ「肉専科はふう聖護院店」

【祝!】移転オープン!自慢のお肉がお気軽に頂けるランチ「肉専科はふう聖護院店」

御所近くの人気店「はふう」さんが聖護院に移転っす。本店はそのままです。
【名物オムライス】「グリル小宝」濃厚ソースが抜群に美味しい岡崎の老舗洋食屋さん。

【名物オムライス】「グリル小宝」濃厚ソースが抜群に美味しい岡崎の老舗洋食屋さん。

ビッグサイズのオムライスで有名な、「グリル 小宝」さん。平安神宮や京都市美術館のすぐ近くにありますので、観光途中にも便利な洋食屋さんです。
【京都ランチめぐり】安定の洋食メニューは不動の人気で行列!下鴨エリアの名店「浅井食堂」

【京都ランチめぐり】安定の洋食メニューは不動の人気で行列!下鴨エリアの名店「浅井食堂」

下鴨エリアの人気洋食店。オープンして3年余あまりだが、ノスタルジックな雰囲気とクラシカルな洋食メニューは老舗感すら感じさせる安定ぶり。この日はランチでお邪魔しました。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

つきはし つきはし