2020年6月22日 更新

【京都焼肉めぐり】西陣の遊郭リノベーションの老舗!肉好きの絶大な人気店☆「焼肉 江畑」

おおきに~豆はなどす☆今回は上京区、西陣エリアの焼肉の老舗。いつも行列人気の名店。今回はカウンターでいただきました。

いつもより間隔を空けた営業スタイル

 (186308)

古いお店が立ち並ぶ西陣エリア。千本中立売少し南へ。
古い昭和風情が色濃く残る場所。千本日活の映画館や老舗居酒屋、スナックなど昭和好きにはたまらない界隈。

かつてこの界隈には遊郭があり、こちらは80年ほど前、廓(くるわ)だった建物をリノベーション。最初は天ぷら屋、その後今の焼肉店として営業し創業40年ほど。
 (186309)

この日は運よくカウンター席へ。
ロースターの間隔はいつもより空けられ、新型コロナ対策として広くスペースを設けられていました。

まずはビールを注文し、生3種類。ハツ、センマイ、タン。ビールが進みます。
 (186310)

最初塩焼き系。タン塩とニンニク。塩系はあらかじめ塩以外に粉山椒が振られ、京都らしさも。
 (186311)

ドーンとステーキ。人気メニュー。
 (186312)

 (186313)

まな板にカットした状態で提供され、シンプルに塩コショウで。牛肉の脂と旨味を存分に感じられる、これぞ五臓六腑に染み渡る美味しさ。
 (186320)

途中、タレ系に移り、バラ、ロース、天肉など、お店の方に焼いてもらいます。最高!
 (186319)

箸休めに、こちらも名物のどぼ漬け(ヌカ漬け)。これも粉山椒の爽やかな風味で、口の中のこってりした焼肉の後味を一新してくれます。
 (186321)

さらに、これも名物のギャラネねぎ。まずはタレ付きの肉を焼いて。
 (186322)

その上にたっぷりと九条ネギ。
 (186323)

その上からタレをたっぷりと回し掛け、煙をモクモクさせながらいただく一品。九条ネギの甘みとシャキシャキ感と肉の脂の甘みなど、これもこの上なくお酒の進むメニュー。
 (186325)

 (186326)

そして、最後またバラで〆て終了。もう思い残すことはないほど美味しいところを存分にいただき、大満足な夜でした。

京都を代表する焼肉店といっても過言ではないお店。オススメです!

詳細情報

名称:焼肉江畑
住所:京都市上京区四番町148-1
電話番号:075-463-8739
営業時間:17:00~22:00(LO 21:30) ※新型コロナウイルス対策で変更の可能性あり
定休日:水曜日
17 件

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

豆はな 豆はな