2018年10月9日 更新

【京都焼肉めぐり】西陣の遊郭リノベーションの老舗焼肉店!コスパ最強でいつも人気☆「焼肉 江畑」

西陣界隈の老舗焼肉店。遊郭リノベーションの古い佇まいとカウンター席は店員が焼いてくれる昔からおまかせスタイル。いつも人気のお店。

廓(くるわ)の建物をリノベーションした老舗焼肉店

 (135297)

古いお店が立ち並ぶ西陣エリア。千本中立売少し南へ。
古い昭和風情が色濃く残る場所。千本日活の映画館や老舗居酒屋、スナックなど昭和好きにはたまらない雰囲気。

このあたりは昔、遊郭あったエリア。こちらは80年ほど前、廓(くるわ)の建物をリノベーション。最初は天ぷら屋、その後今の焼肉店になり、焼肉店としては創業40年ほど。
 (135333)

この日は休日で予約ができないので、直接店に行くとすでにカウンター席は満席。
カウンター席だと店員がお肉を焼いてくれます。最近ではそんなスタイルも珍しいですね。
 (135298)

今回はグループ席でもある座敷席へ。この後すぐに満席に。さすが人気店です。
 (135300)

 (135334)

 (135302)

 (135303)

メニューはこれだけ。最近の焼肉店と比べると、わりとバリエーション少な目。
肉の部位でもいろいろ上やら特上やらランクわけしてる店もありますもんね。こちらはなし。
なので、それだけ自信ありなもの1本!てことなんですかね。
 (135304)

まずは、瓶ビールでカンパーイ!プハァ~タレのかかった生キャベツが突出しで。とりあえず、片っ端から注文。
 (135305)

まずはナムル。箸休めには必ずいるメニュー。
 (135306)

見るからにいいタン。肉厚!タン生。甘醤油系のタレがいい。練りからしがたまりません。
 (135307)

九条ネギたっぷり乗せて、練りがらしとともに。いい弾力ととろける舌触り。んまい。
 (135308)

生シリーズ続きます。
ハツ生。こちらもちょっと食感がレバーっぽくもあるけど、それほどクセのない食べやすい部位。いいぞいいぞ~
 (135309)

こちらの名物メニューとも言えるどぼ漬け。さすが京都の老舗的なメニュー。自家製です。友人が知り合いでここで糠床わけてもらってる、と自慢してました(笑)

粉山椒がかかっていて、爽やかさもあり。こういうぬか漬けの酸味がさらに焼肉を美味しくさせます。
 (135310)

タン塩。うっすら山椒がかかっています。ちょっと垣間見る京都風(笑)いいタンなんで、炙る程度の生感残していいとのこと。
 (135311)

すでにロースターには大きなヘッドとニンニク焼きがセッティング。
 (135312)

ほぼほぼうっすら炙る程度で塩つけて。やわらかくて肉らしい食べごたえもあり、んまい!
 (135313)

ロース、天肉、バラ肉はタレ付で。
 (135314)

肉を前にすると、冷静さを欠き我を忘れて焼いてる画像押さえるの忘れてますが(汗)
焼きあがったロース。脂が甘い。肉と脂のバランスがいい。
 (135315)

天肉だったかな(笑)若干香ばしめに。
 (135316)

お次はバラ肉。
 (135317)

レア好きにも程があるくらいの状態で(笑)いやぁ~ほぼほぼファーストフード感覚で焼いてました。ここは寿司屋かっ!(爆)
 (135318)

いいシズル感もアップでお見せしますよ。この画像で白飯何杯もいけそうな(笑)
 (135319)

そうこうしてるうちに、ニンニクもいい具合に焼けてきました。
 (135320)

ちょうど風邪ぎみだったので、無敵のお薬感覚でいただきましたよ。栗のようなホクホク感。そして牛脂で揚げ焼きした状態なので、濃厚な味わい。

この後さらにロース追加したり諸々。
 (135321)

白飯食べたけど、さらにビビンバも。リッチに肉ものっかってますよ。海苔に隠れてましたが生卵も。まぜて飲み物感覚でいただきました(笑)

ちょっと体調不良で本気食いしませんでしたが、トータル1万2000円弱はお肉のクオリティ考えるとコスパいいんじゃないでしょうか。あー肉食ったなぁ~という満足感得ること間違いなしのお店。やっぱりウマいわ。

ヨ~イヤサ~♪

焼肉江畑 への口コミ

詳細情報

■店舗名
焼肉江畑
■住所
京都市上京区四番町148−1
■電話番号
075-463-8739
■営業時間
17:00~22:00(LO:21:30)
■定休日
水曜日
■禁煙・喫煙
全面喫煙可
■駐車場

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

豆はな 豆はな