2017年4月18日 更新

九条ねぎたっぷりのうどんが超人気!祇園の麺処「萬屋 (よろずや)」

ミシュラン ビブグルマンにも掲載されている祇園の超人気うどん店「祇をん 萬屋 (よろずや)」をご紹介します。芸能人や芸舞妓さんも足しげく通ううどん店です。

行列必至の祇園のうどん店

 (77263)

祇園四条から徒歩数分、祇園の南側裏手、常光院あたりになにやら行列が。ご存知の方も多いでしょう、この先あるのは祇園の人気うどん店「祇をん 萬屋 (よろずや)」です。平日の開店前からでも行列ができるほどの人気で、芸能人や芸舞妓さんも足しげく通うお店です。
 (77264)

とてもシンプルな佇まいの外観です。行列ができてなかったらつい通り過ぎてしまいそう。
店先ではなく、となりの清住院の壁沿いに並んでください。
 (77268)

風格さえ感じる暖簾。これは期待せざる得ませんね。
 (77265)

店内はシンプルな造りで、奥に長くこじんまりとしています。4人掛けのテーブルが3卓、2人掛けのテーブルが1卓という構成です。

基本的には混雑しているので、おひとりのお客さんは相席になることもありますので、苦手な方はご注意ください。
 (77267)

メニューはこちら!
基本的にはうどんとそばのメニューが並びますが、どんぶりものも親子丼や玉子丼などもラインアップされています。
ちなみに、ねぎと梅干しととろろ昆布がのった「かほ」は、女優の南果歩さんの提案がメニュー化されたものです。
 (77266)

メニューの続きです。こちらは、きつねやわかめなど定番メニューが並びます。
少し変わったメニューでいうと、冷やしのなっとうです。こちらも萬屋イチオシの人気メニューです。

厳選された九条ねぎがたっぷりと!

 (77269)

やっぱり萬屋と言えば、一番の人気メニュー「ねぎうどん(1300円)です。
うどんが見えないほど、たっぷりの九条ねぎ、その中央には香り豊かなおろし生姜がのっています。

どんぶりからはお出汁と生姜の香りが広がります。
 (77270)

契約農家さんから届く厳選された九条ねぎは、このようにたっぷりと。
シャキシャキとしたねぎの心地よい食感と、九条ねぎ特有の甘味を堪能できます。
 (77272)

麺は柔らかめの京風うどんです。ねぎの心地よい食感とお出汁の風味を最大限に活かすため、バランスがとられています。この主張しすぎないのが京風うどんの醍醐味ですね。
 (77271)

金色に輝く京風だしは、鰹の風味が豊かです。口当たりはとても滑らかでこだわりを感じる旨さです。おろし生姜の辛味がいいアクセントになり、最後の一滴まで美味しく頂けます。

結構な人気店なので平日のどの時間帯でも並びますが、並んでも食べてほしい味です。萬屋のねぎうどんは、シンプルに美味しく身も心も温まります。

祇をん 萬屋 (よろずや)クチコミ情報

祇をん 萬屋 (よろずや)店舗情報

17 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

ラー油が効いたクセになる "つけ蕎麦" が京都に上陸「十割蕎麦専門店 10そば」

ラー油が効いたクセになる "つけ蕎麦" が京都に上陸「十割蕎麦専門店 10そば」

祇園四条からすぐの場所に、少し変わった十割蕎麦専門店がオープン!早速行ってきました。クセになるラー油が効いた豚つけ蕎麦です。
京都東山観光でオススメしたい名店のそば|筒状のかき揚げは必食です!「蕎麦流々千角(せんかく)」

京都東山観光でオススメしたい名店のそば|筒状のかき揚げは必食です!「蕎麦流々千角(せんかく)」

祇園や東山といった観光地からすぐの東大路沿いにある手打ち蕎麦の名店「蕎麦流々千角(せんかく)」。ミシュランビブグルマンに掲載され味はお墨付き、また通し営業で使いやすいお店です。
にしんそば発祥の地、創業1861年の老舗!四条大橋が一望できる「松葉 本店」

にしんそば発祥の地、創業1861年の老舗!四条大橋が一望できる「松葉 本店」

1861年、創業の京都を代表する老舗のそば店「総本家にしんそば松葉 本店」をご紹介します。川端四条の位置し、そこから眺める景色も魅力的です。
心も体もホッと温まる優しい味のおうどんは寒い日にとってもおススメ!「祇園 おかる」

心も体もホッと温まる優しい味のおうどんは寒い日にとってもおススメ!「祇園 おかる」

寒い日にオススメのうどん屋さんをご紹介させて頂きますね!大正14年創業 「祇園のおかる」です。
京都屈指の行列大人気うどん店!熱々の天とじうどんは寒い冬こそ醍醐味!!「岡北」【京都岡崎】

京都屈指の行列大人気うどん店!熱々の天とじうどんは寒い冬こそ醍醐味!!「岡北」【京都岡崎】

岡崎界隈の常に行列をつくる店として有名なうどん店。この日は底冷えのする京都。頭の中は湯気、温かいものしか考えられず、食べてきました。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

つきはし つきはし