2017年8月23日 更新

【京都カフェめぐり】松盆栽を眺めながら夏仕様なかき氷!フードやお酒も充実☆「丁の字カフェ」【二条木屋町】

二条木屋町、ザ・リッツ・カールトン京都にほど近い場所にあるカフェ。炎天下、氷を求めてたまたま通りかかり、かつてから気になっていた盆栽のあるカフェはここか!と発見して入店。

ジリジリと照りつける炎天下で見つけた「氷」の文字

 (91662)

この日、ノースリーブで炎天下歩いていたんですが、喉がカラカラでちょっと涼しい場所で休憩して水分補給しないと死ぬな、これは。で、軽い低温やけどするな。と思うほどの殺人級の猛暑。

とにかく、冷たいものを求めて二条木屋町界隈を歩いていたら、「氷」の文字。
 (91644)

で、よくよく見ると、以前盆栽のあるカフェってないかな?と探していた時にヒットしたお店であることが判明。そっかここやったか、と入店決定。
 (91645)

「丁」と書いて「ちょう」と読みます。丁の字をもじった松ですかね。ステキなロゴ。
 (91646)

ちょっと硬派な純喫茶的雰囲気もあり。

入店してすぐ、カレーのスパイシーな香りが印象的。ちょうど仕込みをされてたのか、お腹が空いてるわけではなくても、食べたくなるような。

1階2階とあり、夕方4時頃という中途半端な時間帯ゆえか、客は私だけ。お好きな席にどうぞ、とカウンターにいるマスターに促され、1階のテーブル席をキョロキョロ探すも盆栽の姿なく。で、2階へ
 (91649)

二条通沿いに窓際テーブル席。他中央にも。あと、南側にも。緑の借景が和む空間。
 (91650)

で、ようやく見つけた盆栽。この松盆栽を店のロゴのモチーフにされたんだろうな、と。
 (91651)

で、私は南側の窓際席、テーブルの上に飾られたこんな松盆栽を独り占めできる席に。いや~立派です。そして、織部かな?盆栽鉢が松とマッチしてます。苔も埋め込まれて。
 (91647)

メニューチェック。今度は必ずフードねらいで来たいです。なんとかく、クオリティー高そうな雰囲気がさっきのカレーの香りといい、このメニューの画像といい、漂ってきます。
 (91648)

で、今回は氷ねらいなので、夏みかんのフラッペ800円を注文。八朔わらび餅もかなり惹かれ、フラッペ食べ終わった後に追加しようかと思った程(笑)

お店には瀬戸内、しまなみの特産品も販売されてる兼ね合いか、夏みかんや八朔などを使ったメニューなんですね。
 (91653)

コーヒーも挽きたてこだわりのものみたいです。紅茶もいろいろそろってるし。他、お酒もあって、おつまみもあるようです。
 (91657)

で、夏みかんのフラッペ登場。盆栽の緑に映える夏みかんカラー。見るからに涼しげ。
 (91655)

氷にシロップかかってますが、追い足し用も。
 (91656)

なんかこれよく見かけるんだけど、なんだったか。と後で調べたら三条大橋西詰のあられ屋さんの「福だるま」。甘い焼き菓子で人気らしいです。
 (91658)

トッピングの夏みかんの甘露煮スライスは萩の柚子屋本店のもの。
 (91659)

で、中は夏みかんの特製シロップ。甘酸っぱい中に夏みかん特有のほのかな苦味。美味しい!もともと夏みかん好きなこともあって。
 (91660)

で、中から果肉も。こういう柑橘類、猛暑の日にはホントいいです。
 (91661)

さらに底には寒天。これ、プリップリの歯ごたえでちょっとユルメなナタデココくらいな(笑)しっかりとした弾力。

食べ終わって1階に降りると、いい香り漂わせてカレーを食べてるお客さんが。今度はぜひカレーを食べに。

丁の字CAFE へのツイート

詳細情報

住所:京都府京都市中京区樋之口町467-2
電話番号:075-203-0398
営業時間:11:30~19:00
定休日:月曜日・不定休
23 件

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

三杯目 J Soup Brothers 三杯目 J Soup Brothers

オススメの記事

今注目の記事