2016年6月16日 更新

【アート展覧会】今年後半の京都全力推しは「若冲」!京都ゆかりの作家☆若冲生誕300年記念「伊藤若冲展」【細見美術館】

今年前半が「禅」ならば、後半は「若冲」推しの京都。東京都美術館でも大人気を博した展覧会が、いよいよ京都へ。

京都ゆかりの画家・伊藤若冲

 (39059)

会場
 細見美術館

会期
 2016年6月25日(土) - 9月4日(日)


 前期:6月25日(土) - 7月31日(日)

 後期:8月2日(火) - 9月4日(日)

休館日
 毎週月曜日(祝日の場合、翌火曜日)

開館時間
 午前10時~午後6時

(入館は午後5時30分まで)

入館料
 一般 1,200円(1,100円)
 学生 1,000円(900円)

※( )内は20名様以上の団体料金

主催
 細見美術館 読売テレビ 京都新聞
京都ゆかりの画家・伊藤若冲生誕300年を記念して、今年はその展覧会が目白押し。先行の東京都美術館でも人気を博し、テレビや雑誌でも頻繁に紹介されています。
そして、京都ではこの細見美術館での展覧会を皮切りに、京都市美術館、京都国立博物館でも伊藤若冲の展覧会が開催される予定。この機会に地元民としては、若冲について造詣を深めたいところ。

京都錦市場にも若冲が

 (38971)

 (38972)

京都錦市場。アーケードの天井から吊り下げられた伊藤若冲画プリント。
京都錦小路の青物問屋の長男に生まれ、画家になったという若冲。こちらもゆかりの地。
 (39074)

そして、もう終了してしまいましたが、錦市場でもこんなイベントで伊藤若冲生誕300年記念を盛り上げました。

また、錦市場以外にも相国寺、糺の森、石峰寺など、若冲の足跡をたどる地が他にもあります。美術展覧会と平行して、若冲ゆかりの地を観光するのもまたいいかもしれませんね。
とにもかくにも、今年後半は若冲一色!この機会にお見逃しなく!!

ヨ~イヤサ~♪

伊藤若冲展 への口コミ

細見美術館 基本情報

住所:京都府京都市左京区岡崎最勝寺町6−3
電話:075-752-5555
関連サイト:http://www.emuseum.or.jp/
15 件

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

豆はな 豆はな