2018年1月4日 更新

【2017〜2018】京都カフェ・ショップの、素敵すぎる年末年始スペシャルメニューをご紹介

年末年始、皆さまはどのようにお過ごしになりましたでしょうか。カフェ好きな私は年末年始にしか用意されないメニューを求めあちこち訪問。食事処に負けないハイクオリティのカフェ飯やメニューに感激!次の年末年始の参考にしていただきたくご紹介いたします。

 (110367)

年末メニューとして用意されていたのは、お雑煮がついたおにぎりプレートとローストビーフ丼。
ツレと訪問だったので、それぞれを注文しました。
 (110370)

 (110369)

2016年のプレートは豚汁だったそうですが、2017年はお雑煮にチェンジ。年越し待たずして先取りです。
白味噌に焼き餅、金時人参に祝い大根や頭芋も入っていて、ザ・京都なお雑煮にほっこり。
おにぎりには特製の、梅山椒のおじゃこがたっぷり混ぜられていてこれも絶品でした。
梅と山椒がよく効いたおじゃこは、ご飯はもちろんお酒にお供にも相性よさげ。販売もされていたので迷わず購入し、自宅でもありがたくいただいています。
添え物も、美しいいちご寒天ももう全部おいしかったです。さすがヴェールデグリ!
 (110371)

こちらはローストビーフ丼。厚切りだけど柔らかく食べごたえあるローストビーフに、白髪ねぎと卵黄にわさびがベストマッチで、もりもり食べちゃうキケンな一皿(笑)。
素揚げのお野菜に至るまできちんとおいしい!

ふだんのスイーツ、ごはんプレートも丁寧に作らえていておいしいこちら、年末年始メニューもいつも以上においしくスペシャルでめちゃ旨。ほぼ奈良な木津川ですがわざわざ行く価値あり!
ローストビーフ丼はまだされているようなので、気になる方はお問い合わせくださいね。

【島原カフェ】「Hygge(ヒュッゲ)」

 (110372)

2012年4月、島原エリアにオープンした「Hygge」
https://www.facebook.com/Hygge-275701429215364/

古民家をリノベされたシックでかっこいいカフェですが、今期は年末年始営業をされていて、大晦日は年越しそばを、年始はおせち料理を提供されていました。
 (110373)

シンプルなかけそばですが、透き通るお出汁がめちゃくちゃおいしくてごくごく飲み干してしまったほど。つるんとしたそばもおいしく、素朴なおいしさが際立つ質の高いおそばでした。
添えられたほうじ茶とすぐき漬けも気が利いていてうれしい。
そして何より、こんなオシャレな空間で普段はいただけないおそばがいただけるというロケーションが幸せすぎました♡

そして三が日は↓のように、おせち料理も提供されていましたすごい!
おせちはいただけなかったのですが、それぞれ少しずついただけるのがうれしいですよね。
食べた友人によると、味付けもおすましのお雑煮も関東風だったそう。
好評だったら来期もされるようなので、ぜひ提供していただきたいです。
 (110374)

普段はカレーライスや焼菓子、アルコールなど豊富なメニューで楽しめますし、朝9時から営業というのもうれしい。のんびり静かに落ち着けるオススメなカフェです。

======================
住所:京都市下京区西新屋敷中堂寺町74
電話:075-708-7956
営業時間:7:30〜10:30/11:30〜18:00
定休日:木曜日、第3水曜日
アクセス:JR嵯峨野線 丹波口駅下車 徒歩約5分
※営業時間・定休日とも変更の場合がありますので、訪問時はSNSなどでご確認ください

Facebook:https://www.facebook.com/Hygge-275701429215364/
Instagram:https://www.instagram.com/hyggehygge/
 (110394)

SNSで予約販売の告知をされるやいなや即完売、追加で受付されるもそちらも早々に完売で大人気だったそうです。
それもそのはず、こんな鮮やかでおいしそうで盛り沢山なフルーツおせち。みんな欲しいに決まってる♡
 (110383)

奈良の人気いちご「古都華」など普段なかなか買えない高級フルーツが入っているだけでなく、奥さまご自慢の「フルーツコフレ」も入っていて、新年を祝うにふさわしい内容。
彩り豊かで鮮やかですし、家族みんなでいただけるのもありがたいところ。
ふたを開けると甘い香りが広がり、フルーツがつやつやでキラキラ輝いていて。しかも冬なのに甘くておいしいスイカとか(苦労して手に入れられたそう)!
みんな「わぁ〜♡」と歓声を上げたのは言うまでもありません(笑)。
どの料理よりも大人気であっという間に完食でした〜ホンマにおいしかった!
 (110376)

このようなセンスいいパッケージでご用意くださったので、お年賀として贈り物にも最適ではないでしょうか。
来期もされるようなので、今回完売で購入できなかった方は早めにチェックしてくださいね。

【西陣カフェ】喫茶ゆすらご

 (110379)

西陣、仁和寺街道にある「喫茶ゆすらご」。町家をリノベされた、緑がテーマカラーの喫茶店。
普段からフードやスイーツ、アルコールなど提供。夜の遅め時間に利用できたりイベントも多彩で、知る人ぞ知る人気カフェですが、今年もお正月のお膳とおしるこのお膳が用意されています。
 (110378)

お膳に乗せられ提供されるお膳は、緑がメインの器で懐かしくもオシャレでゆすらごらしさいっぱい。お箸袋も素敵♡
おいしそうなおかずがすこしずつ乗っていて、和洋折衷な内容にワクワク。
どれも丁寧に作られていておいしくて、これがカフェ飯!?と驚きです。
 (110380)

お雑煮か茶碗蒸しか選べるのでお雑煮を。
鴨肉が入った洋スープなあじわいのおつゆにお餅。柚子皮が爽やかでめっちゃおいしい!
千鳥の人参のかわいくてあっというまに完食☆

そしてうれしい事にお正月のお膳は、1月第3週目頃まで用意される予定だそうなので、おせち料理を食べ損ねた方や、遅めのお正月気分を味わいたい方はぜひどうぞ。
ほっこり落ちつく町家の素敵なカフェです。運が良ければねこちゃんに会えるかも!?
尚、営業日が変則的ですので、ご確認の上訪問してくださいね。
 (110381)

======================
住所:京都市上京区仁和寺街道七本松西入二番町199-1
電話:070-5266-9616
営業時間:12:00〜21:00頃
定休日:不定休(HPなどの「毎月の予定表」をご確認ください)
アクセス:市バス 千本中立売バス停下車 徒歩約7分  

H.P:http://yusurago.blogspot.jp/
Twitter:https://twitter.com/y_s_r_g_ca_fe
 (110382)

ランチはメインが野菜プレートか手羽元煮か選べたので手羽元煮を。
お雑煮は鹿児島のお雑煮でした。
店主さんのご両親が鹿児島の方で、鹿児島の味で育ったそうで鹿児島のお雑煮にされているとの事。
 (110384)

鹿児島のお雑煮は、甘口醤油にクマエビというエビを焼いたものにさつま揚げ、白菜、もやしなど入るそうでさっぱりだけどボリューミーですごくおいしい!
食べる機会のない鹿児島のお雑煮がいただけて幸せでした♡

お餅がなくなり次第お雑煮は終了とおっしゃっていたのですでに完売しているかも知れませんが、
過去にも年明けにお雑煮を用意されていたので、来期以降も提供されると思います。
今期間に合わなかった方はぜひ来期に!
 (110397)

以上素敵カフェやショップの年末年始メニューをご紹介しました。
他のカフェでも年末年始メニューを用意されているところがありましたので、カフェ好きな方は次回以降、いろいろチェックして素敵な時間をお過ごしくださいね。

関連する記事 こんな記事も人気です♪

【東福寺カフェ】カフェで美味しい十割そばを♪『パンとコーヒーとひらりんと…』

【東福寺カフェ】カフェで美味しい十割そばを♪『パンとコーヒーとひらりんと…』

JR/京阪東福寺駅から徒歩2分。アクセス良好♪カフェでは珍しい十割そばをいただけます♪
m.m
贅沢な厚み!理想的なふわぷる絶品タマゴサンド*バンブーハウス【京都伏見カフェ】

贅沢な厚み!理想的なふわぷる絶品タマゴサンド*バンブーハウス【京都伏見カフェ】

ほんのりとケチャップの効いた優しい味わい。そんな絶品タマゴサンドはモーニングより頂けます。
京都駅のおすすめ穴場カフェ☆カントリーハウス英國屋(英国屋)【京都駅】

京都駅のおすすめ穴場カフェ☆カントリーハウス英國屋(英国屋)【京都駅】

年がら年中賑わいが絶ない京都駅エリア。忙しない朝の時間、ゆっくり腰を据えて頂けると貴重な喫茶店です。
バリスタチャンピオンの人気店「Okaffe(オカフェ)」が嵐山に進出!7/10オープン!【京都嵐山】

バリスタチャンピオンの人気店「Okaffe(オカフェ)」が嵐山に進出!7/10オープン!【京都嵐山】

日本一に輝いたバリスタ岡田章宏さんが手がける人気のカフェ「Okaffe(オカフェ)」が焙煎所を兼ねた新店を、京都嵐山に7月10日オープンされました☆ 京都有数の観光地嵐山で本格的な珈琲がいただけます♪
いよいよ京都に上陸!☆「パンとエスプレッソと嵐山庭園」オープン!☆【京都嵐山】

いよいよ京都に上陸!☆「パンとエスプレッソと嵐山庭園」オープン!☆【京都嵐山】

表参道を初め、全国で人気のベーカリーカフェ「パンとエスプレッソと」がついに京都初出店☆嵐山の築210年という旧小林家住宅を改装したお店は、京都らしい”特別感”がたっぷりです♪

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

デブ子デラックス デブ子デラックス