2017年2月18日 更新

舌の肥えた飲食関係者が夜な夜な集う隠れ家!「酒場めし 祥雲(しょううん)」

四条西木屋町のたかせ会館にある「酒場めし 祥雲(しょううん)」をご紹介します。隠れ家的な雰囲気がよく、界隈で働く方々からも評判の酒場です。

西木屋町の隠れ家酒場

 (72340)

四条西木屋町にある雑居ビルのたかせ会館、個性的な店舗が立ち並ぶ少しマニアックなビルです。
そのたかせ会館の1階奥にある「‐酒場めし‐ 祥雲(しょううん)」のご紹介です。

西木屋町の小路なので少しわかりにくいのですが、四条木屋町から徒歩数分で利便性もバツグンです。
 (72341)

店内は飾らずアットホームな雰囲気。これはつい長居しちゃうやつです(笑)
メインはカウンター席ですが、テーブル席も1卓あります。

舌の肥えた飲食関係者が夜な夜な集う、深夜の食堂・酒場です。
 (72343)

定番から少し珍しいものまで、日本酒や焼酎がそろっています。

夜な夜な寄りたくなる、そんな酒場です

 (72344)

この日の深夜飯はこちら!
人気の自家製豚バラチャーシュー、定番のだし巻き、ちょっと変わったポテサラ春巻きです。
ビールもいいんですが、この日は麦焼酎の中々をロックで。
 (72345)

ガツンとしたアテがほしいときは、この自家製豚バラチャーシューがイチオシです!
甘辛なタレが柔らかいチャーシューにピッタリ!脂も美味しく良きお酒のお供に。2種のねぎとマスタードがいいアクセントになっています。
 (72347)

そういえば意外となかったよねっていう一品、ポテサラ春巻き。春巻きのパリッ食感とポテサラのしっとり食感を同時に楽しめます。箸休めにもアテにもなる秀逸な一品、女性にもオススメです。
 (72346)

安定のだし巻きです。メニューにあったらつい頼んでしまいますよね。
お出汁がしっかりきいてふっくらと優しい味わい。だし巻きを食べると、なんだか優しくなれる気がしませんか?(笑)
 (72348)

明日からの活力には、〆のカレーうどんがイチオシです。
店主特製のカレーうどんは、出汁の味わいとカレーのスパイシーさが見事にバランスよく同居しています。
 (72349)

カレー出汁をまとったうどんはもっちもち!スルスルと箸がすすみます。深夜、無性に食べたくなること間違いなしです。

近隣で働く飲食関係者が夜な夜な集う深夜食堂・酒場です。1日の疲れをお酒と食事で癒す、まさにそんな場所。

19時から営業されているので、2次会にも使えますよ~。少しマニアックな場所ですがそれもまた良し!一度、立ち寄ってみてください。

酒場めし 祥雲 クチコミ情報

晩ご飯

A.Mさん(@iamu_eleluku)がシェアした投稿 -

酒場めし 祥雲 店舗情報

店名:酒場めし 祥雲
住所:京都市中京区紙屋町367 たかせ会館1F-5
電話番号:075-286-8691
営業時間:19:00~27:00
定休日:火曜日
店舗FBページ: https://www.facebook.com/1108shouun/

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

つきはし つきはし