2016年9月9日 更新

【城郭ファン必見】巨大石垣や水堀がそのまま!!徳川時代のロマン溢れる「淀城跡」

伏見区、淀にある「淀城跡」にやってきました。豊臣秀吉のゆかりの地とされる淀城とはまた別の場所です。

今なお残る巨大な石垣

 (53876)

伏見区の淀、淀城跡にやってきました。京阪淀駅から徒歩5分ほど、商店街のすぐ近く住宅街の一角にあります。

1623年に築城された淀城は、現在本丸の石垣や内堀しか残っていません。
2代将軍徳川秀忠の命で、廃城した伏見城の代わりとして築城されたそうです。
 (53877)

お城らしいロマン溢れる風景です。旧一号線沿いから撮影しました。

豊臣秀吉が築城したとされる淀城は、淀古城と呼ばれ、この場所ではなく600メートルほど北、納所小学校の裏、妙教寺にあったと言われています。
 (53915)

天守台があったとされる場所は、封鎖されていて中に入ることができませんが、隙間から様子を伺うことができます。

美しい石段ですね。ここには二条城の旧天守が移築されたそうです。

広場と公園として活用されています

 (53878)

神社と隣接している淀城跡は、広場や公園として活用されています。
広場には慰霊碑なども置かれています。
 (53879)

「明治天皇御駐蹕址」の石碑もあります。
1868年、海軍検閲のため大坂行幸行かれた際、淀城にご宿泊されたとのことです。
 (53880)

現在は、広場や公園として使用されていて、地元住民の憩いの場となっていますよ。
 (53881)

ブランコなどはありますが、それほど遊具はないので広場といった方が近いかもしれませんね。

公園内には神社もあります

 (53883)

公園内に稲葉神社があります。淀城の藩主だった稲葉家の藩祖、・稲葉(越智)正成が祀られています。
 (53882)

隣接している與杼(よど)神社です。淀・納所・水垂・大下津あたりの氏神さまです。
本殿は昭和50年に焼失してしまったそうです。

城郭ファン必見の場所です。京阪、淀駅からもスグとアクセスもいいので、いちど足を運んでみてください。

淀城跡 クチコミ情報

淀城跡 基本情報

名称:淀城跡(よどじょうあと)
住所:京都市伏見区淀本町

関連する記事 こんな記事も人気です♪

【京都イタリアンめぐり】驚愕のメガ盛りと豪快さ!手打ちパスタ必食!!大食いさん必見の人気店「大扇食堂」

【京都イタリアンめぐり】驚愕のメガ盛りと豪快さ!手打ちパスタ必食!!大食いさん必見の人気店「大扇食堂」

おおきに~豆はなどす☆今回は伏見・淀にある人気イタリアン。四条烏丸のボリューミーイタリアンとして有名なお店のオーナーシェフが数年前こちら淀に移転オープン。
【京都マニアック通り】平安京の大動脈・朱雀大路があった南北を走る通り☆「千本通」後編

【京都マニアック通り】平安京の大動脈・朱雀大路があった南北を走る通り☆「千本通」後編

汁物大好きな三杯目 J Soup Brothersです!FU~FU~☆彡今回は市内南北を走る古い歴史ある通り。そして、かつて平安京の中央道・朱雀大路をも含んだ通り。北から南の端まで意外と長距離の千本通をめぐってきました。その後編。
伝統の花火と音楽が融合した芸術的な花火大会「京都芸術花火」

伝統の花火と音楽が融合した芸術的な花火大会「京都芸術花火」

京都競馬場を舞台に、厳選された音楽をバックに、初夏の京都の空に約1万3先発の花火が打ちあがりました。
豊臣秀吉も愛した京都・伏見にある紅葉の名所!世界遺産「総本山 醍醐寺」

豊臣秀吉も愛した京都・伏見にある紅葉の名所!世界遺産「総本山 醍醐寺」

伏見区にある世界遺産「総本山 醍醐寺」。豊臣秀吉も愛した桜と紅葉の名所として知られています。醍醐寺の紅葉の様子をご紹介します。
大食いチャレンジ系な方々に人気なお店!淀の「お食事処 味平」

大食いチャレンジ系な方々に人気なお店!淀の「お食事処 味平」

伏見区・淀にあるボリューム満点のうどんや丼ぶりが人気の「お食事処 味平」なり。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

ガロン ガロン