2016年2月11日 更新

河原町今出川 甘味女子の憧れの地 手作りあんみつ「みつばち」【スイーツ】

とびら一枚で、河原町通りをゆく車の喧騒が嘘のように彼方へ消える。 木の床や窓枠、おだやかな色合いの漆喰、きもののはぎれで縫われた椅子の座面。

昔なつかしい店内は、ふるさとに帰ってきたような安心感でいっぱいです。
 (10297)

 (10298)

白玉あんみつは甘味女子の至宝

名物はもちろん、産地・素材にこだわり、手間暇かけて作った寒天で作るあんみつ。
一番人気の白玉あんみつは、京都に住む甘味女子なら一度、いえ毎日でも食べたい一品。
 (10301)

つるつるしながらも弾力ある寒天に、小豆の風味が引き立つあんこが本当にお似合い。
そしてもう一人の主役は、大人気のあんず。酸味の中に、あんずのエキスがぎゅうっと詰まった絶品脇役!あまりの人気に、夏のかき氷の季節にはあんず氷が発売されているほどです。

季節は冬へ。丁寧に作られたおしるこで心からほっこり

京都の底冷えとお付き合いしていく今からの季節には、おしるこも外せないメニュー。
小豆をしっかり味わえ、「お汁」というよりとろとろのお豆さんを口にしている感覚。
もちもち、ふわふわの白玉だんごに絡まるあんはもう絶品です。
 (10305)

夢中でお匙を動かしていたら、お椀に何も残っていない。不思議。


厨房前に置かれたキャビネットには、京都の小物作家さんの作品がそっと並べられていたり、鮮やかな彩りが目に楽しいアートも魅力の一つ。
 (10307)

このお店だけを目指していく価値ありのあんみつ店、甘味が好きなら行くしかないでしょ。

みつばちへのクチコミ

16 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

【京都かき氷めぐり】数量限定のあんず氷は濃厚!最後まで絶品!!年イチで必食☆甘味処「みつばち」

【京都かき氷めぐり】数量限定のあんず氷は濃厚!最後まで絶品!!年イチで必食☆甘味処「みつばち」

河原町今出川にある人気の甘味処。通常は手づくりあんみつが自慢のお店ですが、夏は特にかき氷が絶品。中でも期間限定のあんず氷は一度食べたら必ずリピーターになる美味しさ。早くも梅雨明け前に食べてきました。
【京都和菓子めぐり】賞味期限20分間の絶品わらび餅名店の幻メニュー!期間限定白小豆ぜんざい「茶寮宝泉」

【京都和菓子めぐり】賞味期限20分間の絶品わらび餅名店の幻メニュー!期間限定白小豆ぜんざい「茶寮宝泉」

京都駅構内や下鴨神社境内にも店を構え、出来立ての絶品わらび餅が食べられることで有名なお店。大半の客がそのわらび餅を注文するわけだが、この時期限定の幻の白小豆ぜんざいがあるというので、あえてそれを食べに行ってきました。
【京都甘味処めぐり】急げ!この時期限定の京風雑煮必食!!老舗銘菓とらやの極上菓寮☆「虎屋菓寮 京都一条店 」

【京都甘味処めぐり】急げ!この時期限定の京風雑煮必食!!老舗銘菓とらやの極上菓寮☆「虎屋菓寮 京都一条店 」

創業は室町時代後期で京都発祥。『とらやの羊羹』は、もはや銘菓の代名詞。御所西にあるとらやの菓寮へ、この時期限定のお雑煮を食べに行ってきました。
数量限定のあんず氷は年イチで必ず食べるべき!手づくりあんみつも絶品☆甘味処「みつばち」【河原町今出川】

数量限定のあんず氷は年イチで必ず食べるべき!手づくりあんみつも絶品☆甘味処「みつばち」【河原町今出川】

こちらはファンの多い甘味処。通常は手づくりあんみつが自慢のお店ですが、夏限定のあんず氷は一度食べたら必ずリピーターになる美味しさ。
岡崎 六方焼き始めました♪ほっとする素朴な甘味処 「六方屋」 【和菓子】

岡崎 六方焼き始めました♪ほっとする素朴な甘味処 「六方屋」 【和菓子】

平安神宮へ初詣の帰り、ほっこりお茶タイムということで岡崎通りにある甘味処「六方屋」さんへ。この通りは山元麺蔵さんや岡北さん、小宝さんなど行列の絶えないお店が並んでいますが、どこも休みなのでお正月らしい静かな時間が流れていました。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

little-maya little-maya