2019年5月13日 更新

【京都イベント】漢方薬や医薬品の基となるマニアック植物が無料一般公開!京都薬科大学「薬用植物園御陵園」

おおきに~豆はなどす☆今回は以前取材させていただいた山科区にある京都薬科大学の薬用植物園が来る5月25日(土)に無料一般公開を実施。以前取材した時の様子を交えて、その魅力をご紹介。

大学職員と学生のガイドでより詳しく解説!

 (152519)

山科区御陵にある京都薬科大学キャンパス内にある薬用植物園。
来る5月25日(土)、普段なかなか入園することができない植物園を一般公開。無料でどなたでも入園できるイベント。
 (152548)

こちらは以前取材させていただいた時の様子になります。

三条通挟んで大学の南側、グランド敷地内にある薬用植物園。
 (152549)

薬学系大学では薬用植物園の設置が義務付けられているそうです。京都薬科大学では、この御陵園以外にも伏見区日野にもう一つ植物園があり、今回はここ御陵園が一般公開。

植物園は大学の教育施設のため通常一般公開しておらず、見学には大学の許可が必要で団体見学のみ可能。
 (152550)

 (152551)

園内では約300種類の薬用植物を栽培。それぞれの植物の表示には名称はもちろんのこと、その薬効部位、用途などが記載されているのが薬用植物園らしいですね。
 (152557)

普段身近に存在する植物にも、じつは薬用効果があったり。こちらはアサガオ。
 (152555)

敷地内には温室もあり。
 (152556)

 (152554)

熱帯系薬用植物もあったり。そして、大学職員や学生のガイド付でより詳しく解説。

以前見学させていただいた時期は若干シーズンオフ気味で収穫後で見られなかった植物もありましたが、見学時期としてはベストかもしれません。またとない機会、お見逃しなく!

ヨ~イヤサ~♪

京都薬科大学薬用植物園御陵園 への口コミ

イベント概要

場所:京都薬科大学薬用植物園御陵園(京都市山科区御陵中筋町)
開園日:2019年5月25日(土)
開園時間:午前の部10:00~12:00(入場は11:30まで)
     午後の部14:00~16:00(入場は15:30まで)
     ※小雨決行、荒天による中止の場合はHPで案内
入園料:無料(事前申込み不要)
問合せ先:京都薬科大学企画・広報課(075-595-4691)
公式HP:https://www.kyoto-phu.ac.jp/

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

豆はな 豆はな