2016年3月7日 更新

嵐山特集53 「Dessert(デセール)」自然豊かな奥嵯峨でスイーツを味わう【スイーツ】

嵐山特集・第53弾は、奥嵯峨の竹林に囲まれた日本庭園を愛でながらスイーツが食べられる「Dessert(デセール)」をご紹介します。

英語読みで”デザート”はなく、フランス語読みで”デセール”なんですよ。
奥嵯峨の方にあるので、山が本当にすぐそば!こんなとろこにお店があるのかな・・と不安になるかもしれませんが、安心してくださいね(*^_^*)
 (20884)

とっても雰囲気ある外観で、元料理屋さんだったそうです。暖簾をくぐり店内へ。同じ敷地内には、離れがいくつもあります。お店の方が、ティールームへと案内してくださいますよ。

紅葉シーズンでも落ち着いた環境

観光でごった返している嵐山から少し離れているおかげで、静かにゆったり過ごすことができますよ。そでれも紅葉シーズンピーク時には、此方の方も賑わいをみせるかもしれませんね。
 (20888)

ティールームへの通路も見事なアプローチです。
 (20890)

 (20891)

これからどんどん色付く木々、毎日表情を変える紅葉が美しいです。お天気のいい日には、お庭でお茶もできますよ。
 (20893)

こちらのティールームでスイーツがいただけます。
 (20895)

大きな6人掛け大テーブルと、ガラス窓に沿って2人がけのテーブルが3つのみのこじんまりとした空間です。大きなガラス窓は開放的で、気持ちのいい光がたくさん入ります(*^_^*)
 (20897)

四季折々の情景を見ながらスイーツがいただけます。

園庭カフェでいただくスイーツ

 (20900)

パティスリー出身のシェフが作るデザートは、フランスの伝統とこだわりが込められています。時には吟味された旬の素材を生かした和であったり、香り豊かなエスニックであったり・・・変幻自在のバリエーションでテーブルに登場します。
 (20902)

特に「きな粉のアイスケーキ(写真右)」が人気だそうですよ。口に入れるたびフワっと溶けて、きな粉の香りと濃厚なテイストが広がります。きな粉好きの方なら、散策のついでにこれを食べにここまで足を伸ばす価値あるかも♪
 (20904)

一緒に添えられたフルーツたちも美味しいです。

ケーキは濃厚だけどさっぱりとしている印象。嵐山散策後にランチを食べていても、お腹にすんなり入ってしまうそんな優しい味わいのケーキです(*^_^*)

セットドリンクはコーヒーかお抹茶から選べて、このロケーションでいただけるのはお得感あります♪ ちょっと穴場なカフェのご紹介でした(^^)

Dessert(デセール)への口コミ

Dessert(デセール) 基本情報

名称
Dessert(デセール)
住所
京都市右京区嵯峨観空寺岡崎町23-1
電話番号
075-872-9019
営業時間
11:30~19:00 ※紅葉の時期はご予約頂くと確実です。
定休日
水曜日
関連URL
http://www.koichaya.jp/

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

アリー アリー