2017年8月30日 更新

丹後伊根町 この時期ならではの地酒を求めて!海沿いの蔵元「向井酒造」【地酒】

おおきに~豆はなどす☆今回は夏はクラフト流行りも手伝って、ビール三昧。でも、これから寒くなると日本酒が恋しくなってきますね。京都では酒処として伏見が全国的によく知られていますし、蔵元さんも伏見に集中してます。

風光明媚な海沿いの蔵元

でも、それ以外の地域でもいい蔵元さん、あるんですよ。
今回は、少し足をのばして丹後半島の伊根町にある向井酒造のこの時期ならではの限定品をご紹介します。
 (92709)

 (92710)

こちら、向井酒造は以前にもご紹介してます。海沿いの蔵元さんて、ちょっと珍しいんじゃないですかね。でも、新鮮な魚が美味しい地域にいい蔵元があるってこれこそ渡りに船(笑)

この時期ならではのしぼりたての生原酒!

 (92712)

そして、この時期しかないおススメ。「京の春・純米生原酒」は現地でしか買えません。しぼりたての新鮮な風味、純米原酒ならではの米の旨み凝縮された辛口。冷やしても燗でも美味しい。

そして、向井酒造といえばピンク色のビジュアルで目を引く女子にも人気の「伊根満開」が最近ではよく知られていますが、この時期こちらに来ると・・・
 (92713)

伊根満開の酒粕が手に入ります。ちょっと珍しいですよね。やはり古代米からなる酒粕だから赤い色。お酒同様甘めなので、粕汁よりも焼き菓子に入れたり魚の粕漬け、あと甘酒感覚で飲むのもおススメ。美味しいお酒と魚を求めて、これから寒くなるシーズン伊根町に遠出するのもいいですね! ヨ~イヤサ~♪

向井酒造への口コミ

向井酒造 基本情報

名称:向井酒造
住所:京都府与謝郡伊根町平田67
電話番号:0772-32-0003
営業時間:9:00~18:00
定休日:月曜日
関連URL: http://kuramoto-mukai.jp/index.html

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

豆はな 豆はな