2016年3月7日 更新

【隠れ家】 旬の素材をサクッと最高のタイミングで「てんぷら 奇天屋」 (四条烏丸)

四条烏丸からすぐ、高倉通りにある「てんぷら 奇天屋」。

ランチの「天ぷら定食特上」というのがすごくおいしくて、ちゃんと揚げたてがコースで出てきて、すごいコスパ!と思って夜に再訪。
夜は夜で素材がグレードアップしておいしかったです。
 (20646)

シンプルで落ち着いた玄関。大人な雰囲気が漂います。

旬の素材を最高のタイミングで

 (20647)

青海苔。この季節ならではの一品。
 (20649)

雲子の天ぷらは初めてかも。濃厚でまさに海のバター。とろけるような食感。

これだけディープに揚げてあると、衣がパンでくもこがバターみたいで、バゲットにバター付けて食べてるみたい。 って褒め言葉になってる?
 (20653)

白魚の天ぷら。春の味、春の足音が聞こえてきます。
 (20655)

イカノ天ぷら。こんなに厚いのは大変だろうなぁ。シコシコと肉厚で美味しい。

濃厚な牡蠣の天ぷら

 (20651)

お昼にも出てきた「牡蠣の天ぷら」。

牡蠣の天ぷらって珍しけど、これを食べると「牡蠣フライ」ってパン粉や卵の味がするんだなと実感。衣だけだと牡蠣の甘みが出てきて、すごく美味しいです。

これを食べに再訪したといっても過言ではない。
 (20657)

珍しいめごち。あえて焦げ目がつくくらいまで揚げます。その焦げ目がまた美味しい。
 (20659)

こちらもしっかりめに揚げたアナゴ。外はさくっと、身はふっくらしてて美味しい。
 (20661)

こんなに身が分厚い鱚は珍しい。こちらも身はふっくら。
 (20663)

車海老は頭も味噌が詰まっていて、美味しい。さくさくと頂けます。

とにかく、これだけ食べてもまったく胃もたれしたししないので、「天ぷらだけ」のコースにちょっとお料理 というコースがお勧め。
昼の「天丼」も定評あるので、試してみたい。

奇天屋へのクチコミ

奇天屋 店舗情報

■店名
てんぷら 奇天屋
■住所
京都市下京区綾小路高倉西入ル神明町230-9
■TEL
075-365-9108
■営業時間
12:00~14:00 / 18:00~24:00
■定休日
日曜・祝日
■関連ページ
http://tabelog.com/kyoto/A2601/A260201/26006221/

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

ガロン ガロン