2016年4月23日 更新

【癒しインフレ状態】スーパー銭湯併設!入浴後は地元京都をまるごと召し上がれ♪「じねんと市場」【竹田】

元はスーパー銭湯。それが今では敷地内にいろんな施設てんこ盛り。中でも人気の地元農家さんが作った農産品が人気。また、その農産品を使ったレストランも。

京都市内随一の癒しコンテンツてんこ盛りスポット!

 (30427)

元々はスーパー銭湯。館内に一応レストラン、マッサージ、理髪店はあり、そこは他のスーパー銭湯でも最近ではデフォコンテンツ。それが、あれよあれよとフットサル、ボルダリング、フィットネス場ができたり、地産地消レストランなどなど。

まとめて「ふしみ広場+(プラス)」て呼ぶそうです。市内でこれほどいろいろなコンテンツ詰まってるスポットもある意味珍しい。
 (30358)

こちらはスーパー銭湯と地元産直野菜をふんだんに使ったレストラン。
レストランはビュッフェ形式で月替わりで旬のメニューが登場したり、平日限定のお弁当も販売。あと、移動販売車の薪で焼く石釜ピザやも。もちろん具材に地元産野菜使用。

地元農家の産直野菜や農産品がズラリ!

 (30359)

そして、今回はこちらのみ。地元農産品を集めた「じねんと市場」。
農産品というと、市内を飛び出て京都府下の道の駅くらいいかないと、いろいろ揃わないかと思いきや、こちらにくればある程度網羅。意外と揃ってます。
 (30360)

何気にうれしいサービス。先に買い物してからゆったり銭湯やらフットサルも◎
 (30361)

入り口にちょっとした園芸用品も。季節的にハーブの苗やらありました。

京野菜の代表格・九条ねぎも品種いろいろ

 (30362)

この界隈も九条ねぎの名産地。以前より九条ねぎ需要増えていろんな場所で栽培されるようになりましたが、いろいろ品種改良されて九条ねぎとひと口に言ってもこんなにいろいろな品種が。
用途によって使い分けできそう。さすが地元!
 (30363)

旬ですよね~伏見産筍。

春の青物充実

 (30364)

 (30370)

 (30372)

ここに来るとスーパーにはない新種の野菜に出会えたり。
 (30390)

安心してください。もちろん店の人にも料理方法教えてもらえますが、こんなレシピ例もいろいろ紹介。

トレンドの色つき野菜もいろいろ

 (30365)

 (30366)

人気ですよね~ミニトマトもひとパックにいろんな色入りのやつありました。

LIVE感あり!マイクで本日の一押し!!

 (30369)

途中、マイク片手に店員さん登場。その日の一押しを紹介!
 (30374)

この日実演販売されてた無農薬の宇治茶。緑茶からほうじ茶、紅茶、ウーロン茶まで自家製無農薬茶。すべて試飲させてもらいました(笑)
通常のお茶、農薬を野菜の10倍量使用するそうです。考えさせられますよね。

野菜以外もあります!

 (30379)

アイス系もいろいろと。黒ニンニク・・・ちょっと気になりますね(笑)
 (30446)

テレビでも紹介された注目食材みたいです。そういう情報もいろいろ入手。
 (30384)

調味料や加工品もいろいろ。

忘れることなかれ!海の京都を!!

 (30380)

 (30382)

これはどちらかというと近場ではないですが、京都府下と範囲を広げて。海産物系も。トビウオ、ハタハタのフライが気になりました。

試食もできる日常食的おつけもん♪

 (30387)

おつけものも充実。試食できるのがうれしい!観光客向けではなく、日常使いなおつけもんぞろい。
 (30453)

 (30483)

そして、いろいろ戦利品と実用例。肉味噌巻きに。どんだけ肉味噌巻けるねん!な表面積(笑)
他にも新鮮なうちにいろいろな料理に使ってみたいと思います。

今回は野菜だけ買いに行きましたが、休日の過ごし方として、ボルダリングで汗を流し、一風呂浴びて、産直野菜レストランで食事、帰りに食材買って帰ってまたそれで料理つくる・・・なんというゴールデンウイークエンド!

近場で可能ってのがいいですよね~

ヨ~イヤサ~♪

じねんと市場 への口コミ

じねんと市場 基本情報

■店舗名
じねんと市場
■住所
京都府京都市伏見区竹田青池町125
■電話番号
075-646-0831
■営業時間
10:00~18:00
■定休日
不定休(HPでご確認ください)
■駐車場

■詳細ページ
jinento.com
55 件

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

豆はなのリアル京都暮らし☆ヨ~イヤサ~♪ 豆はなのリアル京都暮らし☆ヨ~イヤサ~♪

オススメの記事

今注目の記事