2019年8月4日 更新

【京都野菜めぐり】伏見中心に産直レアな夏野菜満載!一風呂ついでにお買いもの☆「じねんと市場」

汁物大好きな三杯目 J Soup Brothersです!FU~FU~☆彡今回は地下鉄竹田駅すぐ。スーパー銭湯、スポーツ施設、地産地消レストランもある複合施設内にある、新鮮野菜がな並ぶ生鮮品市場。

初めて見る希少品種の夏野菜も☆

 (160368)

地下鉄竹田駅から西へ。

スーパー銭湯、スポーツ施設、地産地消レストランもある複合施設の一角にある京都市内、特に伏見中心の農家から直送された新鮮野菜たちが並ぶ買い物スポット。ちょっと道の駅のような。

この日は久々に夏野菜を求めてこちらへ。普段使いのスーパーでは取り扱いがないような品種の野菜もあり、いつもそんな出会いを求めてこちらにうかがいます。
 (160370)

まずは入ってスグに夏野菜の主役・久御山産トマト。
 (160373)

オクラも通常サイズのものから巨大なもの、さらに白いオクラも。
 (160374)

カラフル野菜流行りですが、小松菜もこんな紫色のものがあります。
発色よくなる酸味使いがいいかもしれませんね。
 (160375)

枝豆、青大豆から黒豆まで。
 (160376)

カラフル系、希少形状いろいろあります。
 (160372)

 (160377)

 (160378)

ナスはとにかく種類豊富。千両系から長ナス、賀茂ナスなど。他緑色のものや白いものも。
 (160379)

一見、未成熟のランブータン?と思わせるような面白いとげとげした形状。
『マシシきゅうり』というブラジル野菜できゅうりの仲間みたいです。かなりインパクト大(笑)
 (160380)

ビーツ一括りでもいろんな色目があるんですね。濃い赤紫色のものからオレンジ色のものまで。
 (160381)

これもキュウリの仲間、メロンキュウリ。ピクルスに最適な品種。
 (160382)

きゅうりも夏野菜の定番。
 (160383)

とうがらし類も万願寺、甘長、伏見、鷹峯など京都の伝統品種中心に。
 (160384)

最近駆け込みのようにどこのスーパーもレジ新調してますが、こちらも例にもれず。消費増税と無人化対応ですかね。この日は臨時休業。
 (160385)

そして、また面白そうな夏野菜たちをいろいろと買ってみました。
新品種が豊富にあると、料理魂に火をつけられますね。どんな調理をしようかと(笑)

そんな新しい発見や農家さんのチャレンジ精神も感じる産直市場。夏野菜たっぷり食べて夏バテ防止にも励んでください!

じねんと市場 へのツイート

詳細情報

■店舗名
じねんと市場
■住所
京都府京都市伏見区竹田青池町125
■電話番号
075-646-0831
■営業時間
10:00~18:00
■定休日
不定休(HPでご確認ください)
■駐車場

■詳細ページ
http://jinento.com/

関連する記事 こんな記事も人気です♪

【京都伏見】産直市場直営の京やさいビュッフェレストラン!一風呂ついでにお買いもの「じねんと食堂」

【京都伏見】産直市場直営の京やさいビュッフェレストラン!一風呂ついでにお買いもの「じねんと食堂」

汁物大好きな三杯目 J Soup Brothersです!FU~FU~☆彡今回は地下鉄竹田駅すぐにあるスーパー銭湯、スポーツ施設、産直市場もある複合施設内のレストラン。旬の京やさいをふんだんに使ったヘルシーなビュッフェが人気。
地元京都の春野菜が選り取り見取り!一風呂ついでにお買いもの☆「じねんと市場」【京都竹田】

地元京都の春野菜が選り取り見取り!一風呂ついでにお買いもの☆「じねんと市場」【京都竹田】

地下鉄竹田駅すぐ。スーパー銭湯、スポーツ施設、地産地消レストランもある複合施設。その敷地内にある、京都市内中心に近郊農家から直送された新鮮野菜がならぶ買い物スポット。
地元京都の季節の新鮮野菜がズラリ!スーパー銭湯も同時に楽しめる癒やし空間☆「じねんと市場」【京都伏見】

地元京都の季節の新鮮野菜がズラリ!スーパー銭湯も同時に楽しめる癒やし空間☆「じねんと市場」【京都伏見】

春の季節の野菜も続々登場。こちらはスーパー銭湯、スポーツ施設、地産地消レストランもある複合施設。その敷地内にある、京都市内中心に近郊農家から直送された新鮮野菜がならぶ買い物スポット。
【京都市場めぐり】旬の朝採れ野菜を食そう☆市内最大級の農産物直売所「桂川街道産直ひろば」

【京都市場めぐり】旬の朝採れ野菜を食そう☆市内最大級の農産物直売所「桂川街道産直ひろば」

汁物大好きな三杯目 J Soup Brothersです!FU~FU~☆彡今回は桂川にある産直市場。西京区を中心に近郊農家の朝採れの新鮮野菜が種類豊富に並び、旬の味覚満載。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

三杯目 J Soup Brothers 三杯目 J Soup Brothers