2022年2月25日 更新

【京都食材】京野菜やレアなイタリア野菜も☆サウナ付日帰り温泉併設「じねんと市場」

汁物大好きな三杯目 J Soup Brothersです!FU~FU~☆彡今回は伏見区、地下鉄竹田駅すぐ。日帰り温泉施設、スポーツ施設、地産地消レストラン併設の複合施設内にある生鮮品市場。

サウナ付き日帰り温泉も併設のととのう市場(笑)

 (219624)

 (219625)

伏見区竹田、地下鉄竹田駅からもスグの場所にある、旬の地元野菜や農産品を販売する『じねんと市場』。
サウナ付日帰り温泉、スポーツ施設、地産地消レストランなど、複合施設の一角にある産直市場。京都市内、特に伏見中心の農家から直送された新鮮野菜たちが並ぶ買い物スポット。そして、市内にある道の駅的存在でもあります。この日は週末で新鮮な季節野菜を買いにやってきました。
 (219626)

日帰り温泉施設はすぐお隣『力の湯』。
サウナはもちろん岩盤浴、露天風呂や天然温泉もあり、手軽に入浴を楽しめます。
 (219627)

さらに、レストラン『じねんと食堂』。この日は利用しませんでしたが、地元食材を使用した昔懐かしいレトロ食堂。
 (219628)

 (219629)

 (219630)

市場まわりには丸大根、カラフルな人参各種、サツマイモなどが並んでいました。
 (219631)

 (219632)

そして店内へ。

この市場の周辺は九条ネギの名産地でもあり、入口にはオールシーズン九条ネギが並んでいます。一口に九条ネギといってもその品種もいろいろ用途によって使い分けできる品ぞろえ。
 (219633)

カリフラワーが大好物の私にとってはありがたいビッグサイズ(笑)しかも、比較的割安です。
 (219634)

大根類も辛味大根やらちょっとレアなものもあります。
 (219635)

菌床しいたけが大半でしたが、それでも高品質。
 (219636)

葉物が充実。ほうれん草が割安でした。あと、京の旬野菜の畑菜が推しみたいで、畑菜レシピも添付されてました。京都では昔から初午(はつうま)の日に畑菜をからし和えにして食べる風習があり、この界隈は初午祭で知られる伏見稲荷神社にも近にも近いため、そういった風習が色濃い土地柄であることがうかがえます。
 (219637)

で、なんじゃこら?な野菜を発見。お初にお目にかかります。見た目巨大花びらというかキャベツとかレタス風ですが、なんでもイタリア野菜『カステルフランコ』と呼ばれるもの。オリーブオイルで生食したり炒めたりするのが美味しい食べ方だとか。
 (219638)

ザーサイを栽培されてる農家さんもいるんですね。産直系で国産は初めて見たかも。中華料理で出てくる塊状の茎の肥大部もありました。国産のザーサイ漬け、食べてみたいですね。
 (219642)

そして、会計はセルフレジ。商品についているバーコードを読み取らせて。感度がよくて、わりと簡単に操作できます。
 (219639)

ちょうど会計終えたころに、この日のスペシャルイベント、春キャベツ農家さんによる直売会が始まり、軽トラから続々とさっき収穫してきた!みたいな春キャベツが並べられていきました。今回は購入しませんでしたが。
 (219640)

で、こちらが今回の戦利品。葉物を中心に。そして、気になったイタリア野菜も興味津々で購入。
 (219641)

オススメの食べ方どおり、ちぎってシンプルにオリーブオイル、塩コショウで。
キャベツやレタスとも違う、ソフトな繊維質と不思議な食感。そしてほのかな苦み。ちょっとチコリっぽい風味だなと思ったら、チコリの変形種だそうです。なので、大人っぽい風味と言いますか。で、このソフトな繊維質を利用し、後日肉味噌巻にも利用。レタスやチシャ菜より巻いても切れることがないので最適でした。

面白い野菜や旬の野菜が目白押し。春野菜もこれから続々と登場し、春らしい食卓を彩ってくれる強い味方となる市場。週末、日帰り入浴がてら立ち寄るにもオススメです!

詳細情報

名称:じねんと市場
場所:京都府京都市伏見区竹田青池町125
電話番号:075-646-0831
営業時間:10:00~18:00
定休日: 年末年始、不定休
公式サイト:https://jinento.com/
24 件

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

三杯目 J Soup Brothers 三杯目 J Soup Brothers

オススメの記事