2016年4月22日 更新

二条城からすぐ!日本でも珍しい専門店「ローストビーフの店 ワタナベ」

多分日本でも非常に珍しい、二条城からすぐの焼きたてローストビーフ専門店「ローストビーフの店 ワタナベ」のご紹介。

 (30121)

お店は御池通り沿いにあるビルの1F。が、入り口は油小路通側に面しているのでご注意を。

テーブルが2席、それにカウンター席があり、詰めれば10人、というこじんまりした店内。4人掛けテーブルの端に埋め込みロースターがあり、目の前でローストビーフが作られるという珍しい趣向。
そういう形なので、基本3組単位でしかお客さんを入れないでしょうな。贅沢な作りなのだ。
 (30125)

暖色系の優しい照明で、本当はこういう色合い。食事写真は思いっきり白い皿が白くなるよう修正しています。
夜は¥4000のコースが1本。前菜が10種類ほどから2種類チョイス出来るシステムで、それにメインとデザートにお茶が付いて、という構成。

メインのお肉とご対面

 (30122)

前菜が出てくる前に今日頂くお肉とご対面~なのだ。300gらしいがもちょっとありそうな量ですな。。ロースターには皮つきのメークイーン、それに大蒜がもう入っている。お肉を室温になじませてからじわじわと焼く趣向。
 (30123)

まずは突出しで冷え冷えのラタゥイユ。上にクスクスがかかっている。トマトは控えめで野菜感しっかり。あー、良い感じだよねと赤ワインとともに。
 (30124)

チョイスした前菜からまずはシーザーサラダ。肉を食うぞ!前には、なんだかこういうのを頂きたくなるのですな。ご覧のようにチーズてんこ盛り、バゲット角切りがごろごろ入ったしっかりサラダだ。
 (30126)

一皿目の後、シェフがローストビーフを焼き始める。六辺を丁寧に鉄板に押し当て、肉汁を逃さないようにしてから温度センサーを肉に差し込む。
ジャガイモの上に肉を乗せて、直接肉を鉄板に押し当てないよう、後はオーブン効果でじわじわと火を入れる作戦。

こちらは、ローストビーフ仕込みプロセスを見ていたら出てきた、タラのフライ+根セロリのタルタルソース。これが香ばしくってなんだか非常に旨かった。量は控えめだが良いアテですな。

こちらの料理を頂いたタイミングで、オーブンの蓋を開けてくれる。大蒜の良い香りが辺りを埋め尽くすのだ。。切り分けて、いよいよローストビーフの登場だ。

お待ちかねのローストビーフ

 (30127)

見事に薄切りに切り分けた焼き立て出来立てローストビーフが登場! 量も想像しているよりしっかり。(ジャガイモで嵩上げしているのもありますが。。汗)

付け合せのマスタードにホースラディッシュ(西洋山葵)それにお好みで自家製のグレービーソースをかけて。とにかくホースラディッシュが超超超良い仕事をしますなぁ。
柔らかい!というほどは柔らかくないが、最近流行のステーキ系赤味肉よりは遥かに柔らかく、程良い噛みごたえ、したたる肉汁に肉の旨みも満載。いや、これは旨いです。

やはりこの手法が赤味肉を美味しく頂く最右翼、かもですなぁ。ホテルバイキングで出来立てを食ったことがありますが、あれは焼いてから寝かせたのを切って温めなおしているので、こういう焼き立ては更に次元が違うのかもですな。
目から鱗がばらばらと。。。
 (30128)

デザートはフルーツの赤ワイン煮+バニラアイスというベタだが手堅い一品で、なかなか旨し。最後のお茶まで、ほっとできました。

前菜やらは改善の余地ありだが、このメインが出てくるのならALL-OK!
非常に気に入ったので再訪確実、近日中にまた来そうな予感です~

「ローストビーフの店 ワタナベ」への口コミ

「ローストビーフの店 ワタナベ」店舗情報

店名:ローストビーフの店 ワタナベ
住所:京都市中京区式阿弥町137-1 三洋御池ビル 1F
営業時間:12:00~15:00(L.O.14:00) 17:00~24:00(L.O.22:00)
定休日:月曜日
TEL:075-211-8885
店舗HP: http://watanabe-beef.blogspot.jp/

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

スイカ小太郎。 スイカ小太郎。