2019年3月3日 更新

【予約難】圧巻!Uの字カウンターの小川劇場に皆陶酔!!ハズレなしの絶品割烹「食堂おがわ」【四条河原町】

おおきに~豆はなどす☆もう全然予約とれなくなった名店。数ヶ月待ちとか。まあ2回転め狙いはいけるかも。一度行けば誰もがリピートしたくなる絶品割烹。こちらは以前秋に行った時の様子をご紹介します。

マルイ裏の細いろろーじ沿いにひっそりと

 (25272)

名店なのに、ホント隠れ家的でひっそりとした雰囲気。こちらはもうすっかり全国的にも有名になってしまい、ミシュランでもいくつ星なんでしょうか。獲得したそうですね。そういうの、疎くてすいません(笑)

まあ、当然と言えば当然。一度来れば誰もが虜になるお店ですから。そして、ご主人の小川さんは名店「祇園 さヽ木」のご出身。もう間違いないでしょう。

日本酒乾杯条例にそって、カンパーイ!

 (26280)

そして、またもや伏見酒応援ということで蒼空を(笑)

店内はコの字というか、Uの字カウンター11席。こんなキャパだから予約取れないということもあるんでしょうが。致し方なし。

どれもこれも本格的すぎる料理たち

 (25243)

もうこの一皿で勝負あったかんじでした。ぐじ(甘鯛)の昆布締め。いままで、ぐじでこんな肉厚かつ旨み凝集、舌触りねっとりなのは後にも先にも食堂おがわのみ。ぐじというと割りと水っぽい魚ですが、見事なほど熟成が効いてました。
 (25244)

鴨ハム。実山椒や柚子こしょうがいいアクセント。ジューシーな仕上がり。タレがいい。
 (25245)

ふわふわ熱々の出汁巻きたまご。出汁たっぷり含んでて、時間おくとじんわりと染み出てくる。
でんぷん類を入れてない証拠。
 (26278)

必ず注文する雲子(笑)もちろん旨いですよ。ええ。
 (25246)

まながつおの西京焼き。だったと思います(笑)この皮目に入った包丁の入れ方、プロ中のプロだなぁ~と。
 (26279)

生姜のかき揚げ。これはフレッシュ感もあり、なかなかいい!

追加注文がつい伝染する小川劇場

 (25247)

終始、こんな感じでカウンター内でパフォーマンス。小川劇場です。そうすると、聴衆というか、カウンターに座る客は皆釘付け。で、もうたまらず同じものを注文。それが連鎖して広がるというパターン。そんなのが、お店にいる間何度か繰り返されました。皆が小川さんの料理を作る過程から食べるまで、ずっと魅了されてしまうというか。

あーまたがんばって予約電話入れるかな~

ヨ~イヤサ~♪

食堂おがわ への口コミ

食堂おがわ 基本情報

■店舗名
食堂おがわ
■住所
京都府京都市下京区船頭町204
■電話番号
075-351-6833
■営業時間
17:30~23:30(L.O.22:30)
■定休日
水曜日、月末火曜日
■禁煙・喫煙
完全禁煙
■駐車場

■詳細ページ
http://tabelog.com/kyoto/A2601/A260201/26013892/
27 件

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

豆はな 豆はな