2016年5月2日 更新

亀岡*祝1周年!丸いフォルムがキュート♡地元産・自家製にこだわった「カメオカハサムコッペパン」【ベーカリー】

近頃コッペパンがブームだそうですが、亀岡にコッペパン専門店があるのをご存知ですか?よくある細長いタイプのではなく、ハンバーガーを小さくしたようなころんと丸くかわいいフォルムが特徴。挟まれる食材にもこだわったこちらをご紹介いたします。

スタイリッシュな店構え、ここは何屋さん?

 (31538)

 (31539)

 (31540)

 (31541)

JR亀岡駅から徒歩10分ほどの住宅街。少し広めの通りに面しているとはいえ割合静かな場所。
全面ガラス張りでスタイリッシュ。東京の設計士に依頼されたそうで、亀岡らしくない(笑)洗練された雰囲気で一体何屋さん?って思ってしまいますが、実はパン屋さん。
しかも「丸いコッペパン専用」のパン屋さんで、亀岡で挟むから「カメオカハサムコッペパン」。なんとシンプルな店名でしょう!(笑)
おはようございます。おかげさまで今日、5月2日をもって当店のグランドオープンから1年になります!

長くもあり、短くもありましたが確実に時は経ちました。
写真のように鉄製の看板の表面には錆が浮いてきて、ヘラはすり減って焼き色がつき、カウンターの作業を頻繁にする部分は色が濃くなって艶が出てきています。
ちなみに時とともに味になっていくように看板にはコーティングせず、カウンターはテラゾーという今は作れる職人さんがほとんどいない人造の大理石でできています。すべり台や百貨店で時々見かけるやつです。
当時を思い出すとオープンからしばらくは朝早くからたくさんのお客さんに長い時間お待ちいただき、大変ありがたくもあり、お待たせして申し訳なくもありという状況でした。そこははっきりと覚えていますが、あまりの忙しさにほとんどの記憶は飛んでしまって結局思い出せませんでした・・・。また同じことはできる気がしません。

地域を面白くしたい、地元の食材を使いお店に地元の木材を使うことで農林業など一次産業に少しでも役に立ちたい、そして田舎の景色を残していきたいという気持ちで始めたお店ですが、私がのんびりしているせいもありまだまだやりたいことができていない状況です。
時間はかかるかもしれませんが、みなさまのお力も借りつつ、まずは自分がやれることを少しずつでもやっていきたいと思います。

最後になりますが、お客様や取引先様を含めた関係者のみなさま、お店のオープンに尽力してくださった方々、私のわがままに付き合ってくれている家族、こういう時にしかなかなか気持ちを伝えられませんが、本当にありがとうございます。今後もカメオカハサムコッペパンをよろしくお願い申し上げます。
ご夫婦お二人で切り盛りされているこちら、2015年5月2日にグランドオープンされ、めでたく本日1周年を迎えられました!
 (31543)

これがコッペパン?と驚いてしまうような形。
パンはもちろん自家製。ハンバーガーを小さくしたような、丸いフォルムが独特で特徴的です。ころんとしていてかわいい!少しずついろんな味を楽しめるよう、あえてパンを小さくしているのだとか。
パンはふわふわで、ほんのり甘い口溶けの「オリジナル」はバター風味のオリジナルと、しっかりとした食感で粉の味が楽しめる「フランス」タイプと2種類あり、具材によって使い分けされているそう。
また亀岡牛や丹波地鶏など、地元や近隣の素材を使う事で地産地消を目指しているのだそうです。
 (31544)

注文後具材を挟み「できたて」を提供

「できたて」を提供する事にもこだわっておられ、注文が入ってからはじめて具材を挟まれるので、特にできたては本当にふわふわ!
しかも外を向いたカウンターで作業をされるので、外からガラス越しに丸見え!
1個1個優しく丁寧に挟まれていく一連の作業からは、もう間違いなくおいしい!以外思いつきません(笑)。
 (31545)

店内では仕上がりを待つ間、無料でコーヒーをいただく事ができます。
こういうちょっとしたサービスがとてもうれしいですね!
具材は季節限定メニューも含め、20種近くラインアップ。
一番人気は、亀岡牛ミンチを使い蛇の目ソースで味付けされた「亀岡牛コロッケ」220円だそう。
他に丹波高原豚の角煮や丹波地どりのつくねが挟まれたおかず系、ラムレーズンやミルククリーム、あんマーガリンなどのスイーツ系も。
どれも200〜300円台とやや割高ですが、こだわりから考えると妥当、というか安いぐらいかも?
25 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

【保存版】パン消費量日本一の京都が誇るオススメの老舗ベーカリー【厳選7店】

【保存版】パン消費量日本一の京都が誇るオススメの老舗ベーカリー【厳選7店】

石を投げればパン屋に当たる、といっても過言ではない京都。わりと年配の方でも朝パンを食べる人が多く、パン消費量全国ランキング1位になったことも。そんなパンにはうるさい京都人がオススメする老舗パン屋さんをご紹介します。
コッペパンを今風にデザインしたらこうなりました♡「Happy Buns(ハッピーバンズ)」【京都・今熊野】

コッペパンを今風にデザインしたらこうなりました♡「Happy Buns(ハッピーバンズ)」【京都・今熊野】

11月3日にオープンしたコッペパン専門のベーカリカフェ「Happy Buns(ハッピーバンズ)」☆昭和を感じさせる昔ながらなフォルムのコッペパンを、斬新なアレンジでたくさんのメニューを展開されています☆見た目の面白さだけでなく、ちゃんと美味しいのですよ♡
京都の名物喫茶店でボリュームカツサンド★マスサンコーヒーショップ【二条城前】

京都の名物喫茶店でボリュームカツサンド★マスサンコーヒーショップ【二条城前】

二条エリアの老舗ベーカリーカフェ「マスサンコーヒーショップ」柔らなソースかつを挟んだ超ダンボな爆弾トーストサンド。ベーカリーカフェだからこそのグルメな味わい。
「パリのおいしい日常」を京都・四条烏丸で☆リベルテ・パティスリーブーランジェリー京都店

「パリのおいしい日常」を京都・四条烏丸で☆リベルテ・パティスリーブーランジェリー京都店

10/5にオープンされたLIBERTÉ PÂTISSERIE BOULANGERIE(リベルテ・パティスリーブーランジェリー)京都店さん☆お店は白を基調にキラキラでとてもお洒落ですが、カフェとして意外に気軽に利用できるお店なんですよ♪
【京都パンめぐり】真のパン好きがわざわざ足を運ぶ名店!驚愕のもっちり食パン必食☆「クロア」

【京都パンめぐり】真のパン好きがわざわざ足を運ぶ名店!驚愕のもっちり食パン必食☆「クロア」

市内の北西エリア、鷹峯、御土居跡すぐそばにあるパン屋さん。パン好きの間では有名店で、遠くとも足を運んで食べたくなる美味しさ。中でももっちり食パンやハード系は高評価。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

デブ子デラックス デブ子デラックス