2016年3月17日 更新

名物店主が焼く餡がパンパンの”たいこまんじゅう”「京太郎」龍大生ご用達の甘味

師団街道と龍谷大学前の交差点より少し東側に進んだところにある「京太郎」のご紹介を。

そもそも「たいこまんじゅう」とは、呼び方はそれぞれお店や地方によって違うみたいですが、今川焼、天輪焼・回転焼きと呼ばれているやつです。御座候もそうかな。
 (23639)

さすが大学近くとあって名物のたいこまじゅうは80円、たこ焼きは8個300円とお手頃。何気にうれしいのが、ジュースが100円、お茶が50円とスーパー価格。

大学生にとってはとっても嬉しい価格帯ですね

名物店主との楽しい時間

 (23640)

名物の店主さん。もともとは滋賀の大型スーパーに出店されていたとのこと。
一度話だすととまらないマシンガントーク、おもしろいおっちゃんです(笑)
 (23641)

ちょうどたこ焼きを焼かれていたのでパシャリ。伏見稲荷の参拝の帰りにわざわざ遠回りして買って行かれる方もいられるほどの人気です。
 (23642)

お店のすぐ横には、かわいいらしいイートインスペースが。インではありませんが(笑)
ちょっと食べて、おしゃべりして帰るのにはいいですね!

名物たいこまんじゅうを頂きます。

たいこまんじゅう京太郎 - YouTube

京都のたいこまんじゅうです、 京都伏見の龍谷大学の近くです。 京都で有名なにしんそば松葉のお友だちです。 たいこまんじゅう京太郎 http://www.geocities.jp/kyotaro510/
名物のたいこまじゅうを焼いている動画があがっていたので消化します。見ての通りのパンパンに餡が詰まっています。
 (23644)

 (23645)

この日、黒・白餡のセットで購入。

見てください。この餡の量!ぎっしりというかパンパンって迫力。
ただ、甘さは控え目で、これだけ大きいのにサラッと食べれちゃう不思議(笑)

ぜひ、ご家庭のお土産にもオススメしたいです。

京太郎の評判

京太郎 店舗情報

店名:たいこまんじゅう京太郎
住所:京都市伏見区深草綿森町17-8
電話番号:075-983-0476
営業時間:
[月~金] 12:00~21:00
[土・日・祝] 12:00~20:00
定休日:不定休

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

ガロン ガロン