2021年6月25日 更新

羽釜で炊いた絶品ごはんはおかわり必至!隠れ家ランチ「ごはんや一芯」

河原町や新京極からすぐ近く、麩屋町六角の地下にある評判の和食屋さん「ごはんや一芯」で、人気のランチを紹介いたします。羽釜で炊き上げるごはんが絶品で、おかわりしてしまうこと間違いなしの美味しさです。

繫華街からすぐ!の人気ランチ

 (208056)

買い物客でにぎわう新京極や寺町からすぐ、人気のランチ処をご紹介。

麩屋町六角、このビルの地下にある「ごはんや 一芯」
じつは、大阪、神戸、代官山にも店舗がある人気店。

ランチどきは、平日でもランチ営業終了まで満席と大盛況。
その人気のワケを紹介していきます。
 (208057)

まずはアクセスの良さ。繁華街の河原町や新京極から近い立地にありつつも、ちょっと離れているため、人通りもさほど多くない場所で、目の前は公園という立地。
さらに、地下にあり隠れ家感もありますね。
 (208065)

そして、地下にありながら広くて和モダンのオシャレな店内。店内中央にキッチンがあり、左右エリアに客席があります。
杉をふんだんに使い間接照明が効いた、落ち着いた空間づくりはさすがです。
 (208058)

豊富なメニューと、毎日が楽しみな日替わりメニュー。
竜田揚げ、焼き魚、出汁巻き、お造りなど定番のメニューもありながら、鯛茶漬けや豚の角煮などの趣向を凝らしたメニューも。

鱧の天ぷらや豚ロースのとうもろこし巻揚げなど、季節感のある日替わりもとても魅力的。

つやつやの白ごはんをお腹いっぱいまで!

 (208063)

そして、一番の目玉!
炊き立てのごはんがおかわりできます。
あえて銘柄を指定せず、その年ごとに一番美味しいお米を使うこだわりよう。
 (208059)

今回は鶏の竜田揚げ定食に。
ランチセットは、ごはん、メイン、小鉢2品、お漬物がセットに。
見るからにボリューム満点。ごはんは並でお願いしましたが、この量。他店だと大盛りサイズです。

グループだったら、ごはんもおひつで運ばれてきます。
 (208064)

この日の小鉢はこの2品。
小松菜とえのきの煮浸しと鯛の煮凝り。

小鉢に鯛の煮凝りがでてくるのは珍しいです。こういう手を抜きがちな小鉢もしっかりしているのが、人気の理由のひとつでしょうね。
 (208060)

竜田揚げは大き目のが5個も。竜田揚げだけで、結構お腹にくるボリュームです。
ランチですが、レモンが添えられているのがうれしいですね。こういう所ですよね。
 (208061)

ひとつひとつの大き目でボリューミー。
衣はさくっと、口の中で鶏肉の旨味がじわーって広がります。
 (208062)

つやつやで粒がたった美味しいごはんは、おかわり必至。
美味しい白ごはんを食べる多幸感ありますよね。
お腹にいっぱいになるまで、食べてください。

河原町周辺のオススメランチです。ぜひ足を運んでみてください!

店舗紹介

店名:ごはんや一芯 京都
住所:京都市中京区大黒町六角通90 ドルチェヴィータ京都六角B1
電話番号:050-5596-9839
営業時間:11:30~15:00 14:30(L.O) / 17:00~23:00 22:00(L.O)
定休日:年末年始
関連ページ:http://foodgate.net/shop/blog/3.html
15 件

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

ガロン ガロン

オススメの記事