2017年4月25日 更新

京都人の普段使いの老舗カフェ!コスパ最強丼鉢モーニングは大人気「ワールドコーヒーショップ白川本店」

古い喫茶店やカフェが多い街・京都。そんなこともあってか、全国的にコーヒーにおける消費量・消費額ともにトップクラス。そんな京都人のコーヒー好きをけん引してきたといっても過言でない老舗コーヒー専門店。

多店舗展開の大手コーヒーメーカー

 (78505)

創業は1961年で、老舗の域。白川通り沿い、銀閣寺道からさらに北上してスグ。

現在は直営店8店舗。いずれの店舗も買い物帰りやオフィスワークの息抜きに集えるような場所に立地し、昔からある地元民が普段使いに利用するカフェといったイメージ。
 (78507)

この日は座禅会の帰りの朝食を、とこちらへ。この界隈で朝7時から営業していて、しかも駐車場もあって、困ったときにはワールドコーヒーを利用することしばしば(笑)
 (78508)

と言いつつ、しばらく来ない間にこんなことに。
老舗の喫茶店て、常連さんへの配慮もあって根強く喫煙可能のところもありますが。時代の流れですかね。私としてはタバコ吸わないのでありがたいですが。
 (78511)

店頭にはケーキもあったり、コーヒー豆やコーヒーミル、ポットなど、コーヒー関連グッズも販売。
 (78515)

いつもは窓際の席を利用するんですが、すでに埋まってて。
 (78512)

今まで座ったことのないカウンター席へ。なんかブドウの照明だったんで、背景に入れてみました(笑)
 (78516)

今までとは違った風景だと、見えるものも変わってくるというか。こんなコーヒーメニューボードがあったとは。こんなセレクトメニューがあったんですね。

丼鉢サイズの器に入った名物モーニング

 (78517)

で、もうこの北白川モーニング680円一択なんですが、一応他メニューも。意外とこれより少なめのモーニングB600円を注文されるお客さんが多く、朝から北白川モーニングはボリュームありすぎといえばそうとも言えるかも、と(笑)
 (78521)

ドリンクもいつものラテで。改めて見ると「カフェラッテ」(笑)
 (78523)

で、ほどなくして登場の北白川モーニング。この丼鉢状の器にたっぷりのフレッシュサラダ、プレーンオムレツ、ベーコン、ロングソーセージ、マーガリンの塗ったトースト。いいボリューム感。
 (78524)

せっかくなんで、いつもとちがう背景で(笑)

相変わらず、下にかくれたサラダをモリモリ食べて、たっぷりのオムレツやトースト、さらにベーコンやソーセージがうれしい。
 (78526)

そして、カフェラッテ。セットのコーヒーといえど、ラテアートもあり。
 (78525)

おや。久しくこない間に新しいカップに。店員さんに聞くと前からありましたよ、と(笑)以前もたっぷり入るカップでしたが、さらにたっぷり入ってて、たっぷりなモーニングを頂きながら飲むにはいいバランスの量。たまに、まだ食べきってないのにコーヒーがすぐなくなるくらいの量しか入ってないところもありますからね(笑)

少食の人にはもしかしたらかなりのボリュームかも。たっぷり食べて朝から十分なエネルギーチャージ。やっぱり根強い人気のモーニングです。

ヨ~イヤサ~♪

ワールドコーヒーショップ へのツイート

ワールドコーヒーショップ白川本店 店舗情報

名称
ワールドコーヒーショップ白川本店
住所
京都市左京区白川通今出川上ル西側北白川久保田町1
電話番号
075-711-4151
営業時間
7時~23時
定休日
無休
関連URL
http://www.world-coffee.co.jp/index.htm

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

豆はな 豆はな