2017年1月5日 更新

町の和菓子屋さん!でも建仁寺・高台寺ご用達!「松寿軒(しょうじゅけん」)

松原通に歴史のある和菓子店「松寿軒(しょうじゅけん)」さんです。建仁寺・高台寺ご用達の確かなお味でした。

有名神社御用達の確かな美味しさ

 (67997)

大和大路から松原通を西へ徒歩5分ほど、まさに地元のお菓子ん屋さんって感じの「松寿軒」さんですが、建仁寺や高台寺御用達、祇園のお茶屋さんにもお菓子を卸されています。
 (67998)

昭和2年創業と歴史のある和菓子屋さんです。

お店前のショーケースには、きれいな生菓子並んでます。
 (68000)

 (68001)

毎年お正月用の花びら餅ゲット!

・花びら餅  430円
・福梅 320円

宮中の正月の行事食、「菱葩(ひしはなびら)」を原形とするお菓子です。
京都でお正月にだけいただく伝統の御菓子の一つで、柔らかいお餅に京都のお雑煮に見立てた白味噌のあんを
ごぼうと共に求肥で包んであるお菓子です。
味わいも白みその風味豊かに、甘すぎず上品なお味でした。
もう一品、お正月らしいお菓子福梅いただきました。
求肥で柔らかく梅を形造った福梅、中は白のこしあんが入ってました。
煎茶と実に良く合いますね。日本人で良かった・・・(^◇^)

流石に有名寺社ご用達です。
ごちそうさまでした。<(_ _)>

松寿軒  クチコミ情報

松寿軒 店舗情報

店名:松寿軒 (しょうじゅけん)
住所:京都市東山区松原通大和大路西入弓矢町19-12
電話番号:075-561-4030
営業時間:10:00~18:00
定休日:日曜・月曜
10 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

【清水寺スグ】京都人が皆食す6月の和菓子といえば水無月!創業160年老舗の一子相伝の技☆「五建ういろ」

【清水寺スグ】京都人が皆食す6月の和菓子といえば水無月!創業160年老舗の一子相伝の技☆「五建ういろ」

もう6月に入りました。6月の和菓子といえば、水無月。京都では6月30日に水無月を食べる習慣があります。清水寺にほど近い老舗店の水無月を一足お先に頂きました。
建仁寺境内で京の和食の真髄に舌鼓!「京都・和食の祭典2017」に行ってきました!!

建仁寺境内で京の和食の真髄に舌鼓!「京都・和食の祭典2017」に行ってきました!!

3月5日開催イベント「京都・和食の祭典2017」。春の到来も感じられる穏やかな陽気に恵まれ、会場の建仁寺は大勢の参加者で賑わいました。
【京都建仁寺】京の有名料亭がズラリ!3月5日開催イベント!!わたしたち日本人の食文化を知る「京都・和食の祭典2017」

【京都建仁寺】京の有名料亭がズラリ!3月5日開催イベント!!わたしたち日本人の食文化を知る「京都・和食の祭典2017」

京都に脈々と伝わる和食文化。その源流となる京料理から地域の郷土料理まで日本の伝統的食文化を学び、味わい体験できるイベント。
【京都和菓子めぐり】朝から行列必至の名物豆餅は必食!季節の花見団子や柏餅も◎「出町ふたば」

【京都和菓子めぐり】朝から行列必至の名物豆餅は必食!季節の花見団子や柏餅も◎「出町ふたば」

おおきに~豆はなどす☆今回はいつも行列をつくる御饅頭屋さんとして知られる名店。豆餅はオールシーズン愛される京都を代表する和菓子の一つ。さらに今回は季節の和菓子もリサーチ。
【京都和菓子めぐり】歌舞伎発祥の地・南座で昨年オープン!春の舞い『都をどり』も華やぐ老舗銘菓☆「虎屋菓寮」

【京都和菓子めぐり】歌舞伎発祥の地・南座で昨年オープン!春の舞い『都をどり』も華やぐ老舗銘菓☆「虎屋菓寮」

おおきに~豆はなどす☆今回は昨年リニューアルオープンした京都四条南座に入店した老舗銘菓とらやの菓寮。南座内にあるため、現在春の風物詩『都をどり』も公演中。行ってきました。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

栗太郎 栗太郎